アウディ「Q8」の開発車両がニュルブルクリンクをテスト走行。やはり「Q7」よりもスタイリッシュに?

2017-06-01

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、アウディのフラッグシップSUVとなる「Q8」の開発車両を捕捉。
「Q7」との兄弟車種となる「Q8」ですが、必ずしも「Q7」よりも大きな外観を得るわけではなく、どちらかというとスタイリッシュな印象を受けますね。
また、開発車両を確認の通り、明らかに車高が低いことから、スポーティ仕様になることが予想されます。

スポンサーリンク

フロントデザインは、アウディのスポーツモデルにてよく見かけるシングルフレームグリルを採用し、ヘッドライトも近年の傾向から相当に細くなるのではないかと推測。
また、「Q8」には衝突回避技術が豊富に用意されているとのことで、ほかの車や歩行者に衝突することを防ぐ新たな技術も導入。

なお、噂ではランボルギーニ「ウルス」とトップラインエンジンは分けるという情報もありますが、遅くら「Q8」にも「ウルス」と同様に排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンが導入されるのではないかと考えられますが、今のところ不明となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう