スーパーカーメーカ 米国メーカ >フォード >ブガッティ

これは?ブガッティ「ヴェイロン」のレプリカ版「マーキュリー・クーガ」が登場【動画有】

アメリカのイベントにて、ブガッティ「ヴェイロン」を再現させたレプリカモデルが登場。
こちらの個体、フォードの上位モデルとなる「マーキュリー・クーガ」という個体を改造したモデルで、確かによくよく見てみると違和感があるように思えますが、パッと見ではわからないほどの仕上がりに。

スポンサーリンク

フロントデザインはもちろんのことですが、サイド・リヤといったデザインにまでかなりのこだわり、ブガッティ「ヴェイロン」を忠実に再現していることが確認できます。
なお、こちらのレプリカモデルは、ミドシップエンジン搭載で「マーキュリー・クーガ」のV型6気筒エンジンを登載しながら、価格にして1,023万円とシボレー「コルベット」が購入できてしまう程に高価となっています。

【FAKE Bugatti Veyron!】

関連記事:これスゲェ。ランボルギーニ風・軽自動車の完成度があまりにも高すぎた件


某所にて、何とも完成度の高いランボルギーニ「アヴェンタドールSV」風の軽自動車が目撃と、Twitterにて話題に。
ランボルギーニ特有の刺々しい攻撃的なフロントデザイン("カメムシ"がモチーフ)を再現した個体であり、ブラックのツートンに仕上げられたフロントスプリッターとサイドスカート、そしてリヤディフューザーにレッドカラーのディテールアクセントが加えられ、抜かりの無いカスタム具合を発揮していますね。

正面から見てみると、フロントスプリッターの材質がカーボンファイバのようにも見えます。

リヤに至っては、ランボルギーニ特有の傾斜を設けたストレート式のエンジンベイ(この辺りは「ガヤルド」のデザインを踏襲?)や、カーボン風リヤウィングも装着され、更にはリヤテールランプとセンター中央出しマフラデザインまでも「アヴェンタドール」ないしは「ムルシエラゴ」を取入れているようにも見えますね。

真後ろから見てみるとこんな感じ。
リヤディフューザーの攻撃的デザインはまさしく「アヴェンタドールSV」風ですが、こちらのオーナーは相当にランボルギーニが好きな方なのだと思います。
ここまで大胆なカスタムを施すとなると、軽自動車1台分では抑えることのできないほどのカスタム費用がかかっているのではないか?とも思ったりしますね。


ちなみに、他県でも国産車両をベースにスーパーカー風カスタムを行っている個体を発見。
例えば、以下のホンダ「フィット」をベースに、フロントエンドやドアサイドパネルのデザインはランボルギーニ「アヴェンタドール」を意識していますね。

リヤの中央3本出しマフラはダミーではあるものの、フェラーリ「458イタリア」をイメージしているのだとか。

その他にも、フランスではブガッティ「ヴェイロン」風のホンダ「シビック」も目撃されていますね。
ブガッティ特有のフロントエンドデザインやヘッドライト、ツートンカラーまでも再現しています。

最後はフェラーリ「テスタロッサ」風のスズキ「セルボ」。
これはもはや、カスタムではなく被り物ですね。
ドアを開けるときはどうするのか気になるところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, 米国メーカ, >フォード, >ブガッティ
-, , , ,