Powered By 画RSS

スーパーカーメーカ >ブガッティ

ゴリゴリにカスタムされたマンソリー仕様のブガッティ「ヴェイロン」が販売中。なお、価格は不明

ブガッティ「ヴェイロン」が中古車市場に販売中。
「ヴェイロン」は、基本的にフルノーマルにて販売されることが多いのですが、今回登場している個体は、ゴリゴリにカスタムされたマンソリー仕様で、ディテール部のあらゆるところに金とカーボンが使用されていますね。

この個体は、かつてアメリカの不動産王であるManny Khoshbin氏が所有していたとのことですが、「価格は不明」ながらもduPont Registryにて正式に登録されています。
※ちなみに、Manny Khoshbin氏は、以前ケーニグセグ「アゲーラRS・グリフォン」をオーダーしたオーナーでもあり、ケーニグセグがシェイクダウン走行中に「アゲーラRS・グリフォン」をクラッシュしてしまったことはかなり有名ですね。

スポンサーリンク

価格においては、新車価格の約2億円よりも高くなることは間違いなく、もしかすると2倍以上の価値になる可能性もありそうですね。

ちなみに、今回のマンソリー仕様においては、フロントスポイラーからサイドスカート、リヤディフューザー周りにはカーボンが多用される一方で、燃料キャップやドアハンドル、バッジ、そしてホイールにも金が使用されており、これらだけで最低ても5,000万円になるとのこと。

インテリアにおいても、ホワイトとゴールドのシートに、センターコンソールやドアパネル、ダッシュボード周りもホワイトレザーにてまとめられ、更にステアリングやシフトはカーボンファイバーが使用されていますね。

【関連記事】
トランスフォーマーをテーマにしたブガッティ「ヴェイロン」が中古車市場に登場。価格は約2.3億円
フロリダにて、ブガッティ「ヴェイロン」が2台も販売中。いずれも価格非公開
これマジか。納車して1kmも走行していないワンオフモデルのブガッティ「ヴェイロン・ティファニーエディション」が登場

Reference:CARSCOOPS

(こんな「ヴェイロン」も販売?!)関連記事:マンソリー仕様&パンダカラーのブガッティ「ヴェイロン」が中古にて販売中。カーボン多用で気になる価格は?


ドイツのチューナ・マンソリーによってパンダカラーに過激カスタムされたブガッティ「ヴェイロン」が中古車市場にて登場。
恐らく、マンソリー史上最も有名なカスタムモデルといわれるパンダカラーのブガッティ「ヴェイロン・Linea Vivere」ですが、世界でたった2台しかカスタムされなかった個体の内、1台が中古車販売サイト・ジェームズエディションにて販売されています。

こちらの個体、カスタム前はフロントがホワイト、リヤがブラックという現行よりもかなり落ち着いたデザインでしたが、フロントボンネットやバンパー、ルーフ、リヤバンパーといったパーツを全てカーボンファイバに交換し、更には「ヴェイロン・スーパースポーツ」に使用されるカーボン製エンジンカバーを移植。

更には、リヤマフラーを両サイドツインの4本出しマフラに改造され、足回りはフロント20インチ、リヤ21インチのマンソリー製鍛造ホイールが装着。

インテリアにおいても、ボディカラーと同様にホワイトとブラックのツートン仕様となっており、特にレザーシートにはブラックのダイヤモンドステッチを縫合。
他にもハンドステッチレザーコンポーネントやアルミペダルにカーボンが含まれるという異常な組合わせ。

サイドシルももちろんカーボン仕様となっていますし、センターコンソールもカーボンがむしろ当たり前。
気になる中古車市場価格は、残念ながら"応談"となっていますが、通常のブガッティ「ヴェイロン」の中古車市場価格が約3億円程と言われており、今回のような世界に2台しか存在しないマンソリー仕様ともなると、最低でも4~5億円は到達しそうですね。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ブガッティ
-, ,