これがポルシェのドーナツターンだ。「カレラGT」にてその技術を披露【動画有】

20160927_1_%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%84

イタリアにて開催されたイベント「Cars & Coffee Italy」において、世界限定1,500台のポルシェ「カレラGT」がドーナツターンを披露する動画が公開に。

スポンサーリンク

路面をスリップさせながらドーナツ状に描くことで白煙を上げ「カレラGT」の動力性能を発揮し、ギャラリーを沸かせていますね。
なお、「カレラGT」は2003年~2007年の間のみ生産された特別限定モデルで、排気量5.7L V型10気筒エンジンを搭載し最高出力は612psを発揮するモンスターマシンで、あのメジャーリーガーであるイチロー選手の愛車としても有名ですね。

【Doing Donuts In A Porsche Carrera GT: Former Rally Driver Makes It Look So Easy!!】

クレイジー過ぎるぜそのターン!
関連記事①:マジか…24金を使用したワンオフモデル・ケーニグセグ「アゲーラRS・ナラヤ」にて雪上ドーナツターン【動画有】(2018/3/10投稿)


フランスのローヌ・アルプスにて、ケーニグセグのハイパフォーマンス・ワンオフモデル「アゲーラRS・ナラヤ」が雪上ドーナツターンする動画が公開に。
「アゲーラRS・ナラヤ」と言えば、Blancpain GT Seriesに参戦するタイの若手ドライバーPasin Lathouras選手(22)のために特別製作されたワンオフモデルで、その価格は数億~数十億円にも上ると言われています。

この個体のシャシーナンバーは”#127”で、イタリアのクラフトマン・Ettore Blaster Callegaro氏の手によって2週間も掛けて貼付された24金の金箔をアクセントとしたティンティッド・ブルーカーボンのエクステリアが大きな特徴と言われています。
インテリアにおいても、エクステリアと同じゴールドとブルーをテーマに仕立てられていて、さり気ない統一感と一貫性を持たせた究極のハイパーカーとなっています。

パワートレインは、排気量5.0L 自社製V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力1,160hpを発揮。
動画を確認してもわかりますが、「アゲーラRS」はハードトップルーフを備えるオープンモデルとなるため、今回の雪上ドーナツターンでは、男前すぎるオープン状態でのトライ。
内外装共にとんでもない金額を費やす個体にて雪上走行するだけでも半端ない勇気が必要ですが、ドーナツターンとオープン仕様にてトライするともなると、クレイジーなハートの持ち主でなければ無理な行為ではありますね。

 

Iced Donuts 😍 @lathouras_p

Adam Shahさん(@adam_shah_)がシェアした投稿 –

こちらもクレイジー過ぎるぜ!
関連記事②:ランボルギーニ「ウラカン」がポリスカーの周りをドーナツターン。そのまま「ウラカン」は逃走【動画有】(20187/8/29投稿)

アメリカにて、ランボルギーニ「ウラカン」がフォード「エクスプローラー」のポリカーに一旦止められるも、「ウラカン」がポリスカーの周りをドーナツターンし、そこから逃走するという動画。
ここで登場する「ウラカン」ですが、情報による過給器を搭載する高度なカスタムが施された個体で、相当なパワーを有するチューニングモデル。
一体どのような理由でポリスカーに止められたのかは不明ですが、速度超過によるものなのか、それとも動画のようなドーナツターン等の危険を運転を行っていたのかもしれません。

なお、アメリカに留まらず、モナコやイギリス(特にロンドン)では、スーパーカーを用いたドーナツターンはもちろんのこと、執拗な空ぶかし等を行う動画が多数アップされていますが、海外ではこういった動画は炎上するというよりも”むしろ便乗”する効果があるらしく、以下の動画がアップされることで何かしら刺激を受ける要素があり、「俺も同じことをやってみよう」という良からぬ相乗効果があるとのこと。

もちろん、日本でも同様のことがツイッターやインスタグラムと言ったSNSサイトに投稿しているケースも多いのですが、そのほとんどが炎上しているものが多く、中にはニュースに取り上げられ→逮捕というサイクルが日常化しているのも事実ですね。

【Lamborghini OUT RUNS POLICE!】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう