トヨタ・新型「カムリ」の見積もりしました。最上級グレードでも約520万円

さて、先日試乗したトヨタ・新型「カムリ」の見積もりを取得。
グレードは、色々検討した結果、最上級グレードの「G”レザーパッケージ”」を選択。

やはり内装の質感やその他の機能を考慮するとこのグレードが一番しっくり来る様な気がしますね。

関連記事:トヨタの新型「カムリ」に試乗。走り・乗り心地・燃費・高級感ヨシの万能セダン

スポンサーリンク

なお、お見積もりの内訳は以下の通りとなります。

車両モデル:カムリ G”レザーパッケージ”
車両本体価格:4,195,800円

【メーカオプション(後付けできないもの)】
・[外装]プラチナホワイトパールマイカ・・・32,400円
・[内装]本革/ブラック・・・標準装備
・アクセサリーコンセント(AC100V/1,500W)・・・43,200円
・ブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックアラート・・・92,880円
・寒冷地仕様・・・21,600円
・パノラミックムーンルーフ・・・140,400円

メーカオプション合計・・・330,480円

【ディーラオプション(後付け可能なもの)】
・フロアマット・ロイヤルタイプ・・・51,300円
・サイドバイザー・ベーシック・・・29,160円
・ナンバーフレーム・プレステージFR/RR・・・6,480円
・19インチアルミ&タイヤセット(ウェッズレオニスLV)・・・401,760円

ディーラオプション合計・・・488,700円

【税金・保険料】・・・A
・自動車税(9月登録)・・・22,500円
・自動車取得税・・・0円(免税)
・自動車重量税・・・0円(免税)
・自賠責保険料(36か月)・・・35,950円

税金・保険料小計・・・58,450円

【課税販売諸費用等】・・・B
・検査登録手続代行費用・・・21,924円
・車庫証明手続代行費用・・・16,308円
・納車費用(自宅まで)・・・5,400円
・下取り手続代行費用・・・8,640円
・下取り査定料・・・5,724円
・資金管理料金・・・290円

課税販売諸費用等小計・・・58,286円

【預り法定費用等】・・・C
[預り法定費用]
・新規検査・・・3,620円
・車庫証明・・・2,600円
・下取車・・・350円
預託金・・・12,400円

預り法定費用等小計・・・25,570円

【その他】Mパスポート等・・・74314円

車両本体価格+メーカオプション+ディーラオプション=5,014,980円
A+B+C+その他=216,620円

総支払額・・・5,231,600円

まず、内装においては本革が標準装備となっているため、追加費用は無し。
ボディカラーは無難にホワイトとしましたが、有償オプションとなるため32,400円が追加となりますね。
ちなみに、新型「カムリ」のカラーバリエーションは以下のようになっています。

【有償オプション】
・プラチナホワイトパールマイカ・・・32,400円
・エモーショナルレッド・・・54,000円

【無償オプション】
・シルバーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・スティールブロンドメタリック
・グラファイトメタリック
・ダークブルーマイカメタリック

ブラインドスポットモニター(BSM)は、個人的に必須オプション。隣の車線を走行する車両をレーダーで検知し、車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されるLEDインジケータを点灯させる機能となっており、ドライバに注意喚起を促すことで事故を未然に防ぐことができます。これは是非とも付けておきたいオプションですね。

これに併せて付いてくるリヤクラストラフィックアラート(RCTA)は、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニターのレーダーにより検知し、ドアミラー内のインジケータ点滅とブザー及びナビ画面の表示によりドライバに注意喚起するというもの。
ただ、これはあくまでも駐車場にて正面から駐車した場合に重宝される機能であり、基本的にバックする人にとっては無くても良い機能ですね。

ちなみに、最近のトヨタのモデルでは、以下4つの先進安全機能である”Toyota Safety Sense P”が標準装備されています。

・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

パノラマムーンルーフは、フロント側がチルト&スライド電動可能で、ワンタッチ式であり、挟み込み防止機能付となっています。ルーフ全体がガラスになるということで開放感があり、おまけにオープンクローズができるというのはかなりの高ポイントですね。

ディーラオプションは、本当に必要最小限に抑えた内容となっていますが、個人的にツボであった19インチホイールを選択。

価格は工賃含めると401,760円と結構張りますが、実際に装着させてみると中々にクールで個人的には装着してみたいオプションですね。

なお、残価設定ローンでの支払いとなれば、新型「カムリ」の残価率は3年で45%、5年で30%とそこまで高くはないですね。頭金200万円、ボーナス支払い0円でも、3年残価であれば月々46,900円、5年残価であれば月々40,900円の支払にて乗ることが可能です(金利は4.1%)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう