スズキ・新型「スイフト・スポーツ」が遂に世界デビュー。1.4Lターボ&1,000kg以下の最強軽量スポーツ

昨日より開催中のドイツ・フランクフルトモーターショー2017にて、以前から噂されていたスズキの小型軽量スポーツモデル「スイフト・スポーツ」が遂に世界初デビュー。
今回の登場している「スイフト・スポーツ」は、前モデルよりも実用性を向上し、ボディサイズをワイド化&ダウンサイジングターボすることで、最強の国産軽量スポーツをアピール。
ちなみに、今回ボディが拡大化したことで、日本国内においては”5ナンバー”から”3ナンバー”へと変更になります。

スポンサーリンク

まず外観において、フロントエンドはブラックアクセントのアンダースポイラーを装着し、ハニカムグリルはメッシュタイプとなり、スポーティさを強調。
LEDライトも攻撃的なデザインとなり、デイタイムランニングライトも標準装備となりますね。

サイドのスタイリングとしては、まさに3ドアホットハッチ並みのコンパクトさですね。
フロント&リヤのオーバーハングは狭く、ホイールベースをロングにすることで、路面と車体との接地感も改善。

リヤデザインもとにかくアグレッシブですね。
マフラは両サイド出しとなり、リヤバンパーをブラック化にすることで、エアロ風のスポーティデザインへと一新。

足回りにおいては、かなり攻め込んだとされる195/45Rの17インチホイールを装着。
サスペンションは非常に低く、低重心にすることで走行性能を向上しています。

インテリアも非常にシンプルですね。
トランスミッションはAT&MTを準備しているとのことで、これについてスズキ「スイフト・スポーツ」を作り上げたチーフエンジニアは「軽くて、シャープで、速い。そして積極的で感情的なクラッチフィールとマニュアルトランスミッションシフトスロー、シート、ステアリングホイール全てが洗練され要素を持っています」とコメントし、改めて「スイフト・スポーツ」の進化をアピール。

なお、気になるパワートレインは前モデルの排気量1.6Lを廃止し、ダウンサイジングターボの排気量1.4L 直列3気筒ターボエンジンを搭載。
最高出力は143ps、歳d歳トルクは230Nmを発揮します。車体重量は軽量化の努力の末970kgを実現。
それ以外には、ハイビームアシストや車線逸脱警報システム、アダプティブクルーズコントロールが標準装備となります。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう