米国メーカ >フォード

これで車内会議もできるぞ。フォードが、車内にエアバッグ付リトラクティブテーブルを取入れた特許を申請

近年では、自律走行技術が発達し、本格的に人が運転しなくても自動で目的地まで移動できる時代も遠くはないと思う中、フォードが自律走行技術の発展に併せて、ドライバを含めた車内の人々が円卓会議を行えるようなリトラクティブテーブル(自動収納式テーブル?)の特許を公開。

アメリカ特許庁によると、フォードは2016年3月にこの技術特許を申請したとのことで、具体的には、車内の床に引き込めるタイプのテーブル(恐らくデスクの脚の部分がシリンダ式になっていると推測)となっており、各シートも上の図のように円卓会議が行えるような位置へとスライド移動が可能になるとのこと。

スポンサーリンク

しかも、この技術特許の面白いところは、もし自律走行している自動車が何かしらの衝突事故に見舞われた場合、テーブルにはエアバッグが内蔵されていて、車内の人間をしっかり守れるような造りになっているとのこと(下の図がイメージしやすい)。
ただ、一つ不安なこととして、このエアバッグはあくまでもデスクから展開されるものであって、(衝突事故に遭った際)乗員がデスクに向かって姿勢を前のめりにするのであれば画期的なのですが、事故はどの方向から襲ってくるかわからないものでもあるため(ましてや乗員は正面を見ているわけではないので、事故が起こりそうな瞬間すらも全く把握できない)、姿勢が横向きや後ろ向きに変化した際のエアバッグの対応がどのようになるのかが気になるところですね。

あとは、そもそも移動中にドライバが正面から目をそらして会議をすることが現実的に行って良いものなのかも気になるところですが、いずれは車内での有意義な時間を過ごす上での特許技術が更に展開していくのだろうと思うと、また一味変わった車の楽しみ方が出てくる世の中になるのだと思いますね。
ちなみに、以下はデスクが収納された場合の車内。
Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >フォード
-, , ,