アウディのプラグインハイブリッドモデル「RS7スポーツバック」が来年登場か。最高出力700馬力超え

アウディのハイパフォーマンスモデルである新型「RS7スポーツバック」に、ようやくプラグインハイブリッドモデルが誕生する模様。

アウディのデザインヘッドであるMarc Lichte氏によると、従来の「RS7スポーツバック」は排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650psを発揮するナチュラル内燃機関モデルであったが、来年末にはポルシェ「パナメーラ・ターボS Eハイブリッド」に搭載される電気モータを「RS7スポーツバック」と共有化することで、システム総出力を700psにまで引き上げるハイパフォーマンスモデルへと進化するとのこと。

スポンサーリンク

トランスミッションとしては8速AT、Sトロニックギヤボックスの組合せ、駆動方式はクワトロというアウディのスペックをフル活用。
0-100km/hの加速時間は4秒未満で、最高時速は305km/hともはやスーパーカー並みとなっています。

なお現時点での正式な発表がいつかは不明ですが、来年開催予定となるスイス・ジュネーブモーターショー2018にて何かしらの詳細が明らかになると言われています。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう