マクラーレン「ハイパーGT」は2019年に販売開始。「F1」をモチーフにした3座シート

マクラーレンのアルティメットハイパーカーモデル「F1」の後継として登場が期待される「ハイパーGT(コード―ネーム:BP23)」ですが、この個体の開発車両と思わしきティーザー画像が公開されました。
今回公開されているティーザー画像は、マクラーレンのハイパーカーモデルの先代である「F1」の3座シート(フロント1座、リヤ2座)のイメージを兼ねて公開されたものであり(つまりはインテリア重視)、外観は開発車両用として「720S」を起用。
そのため、「ハイパーGT」のフロントデザインは「720S」と勘違いしてしまうように思われますが、実際は「720S」をベンチマークとした新たなデザインになるといわれています。

スポンサーリンク

この「ハイパーGTのスペックとしては、パワートレインが排気量4.0L V型8気筒ツインターボ+モータのハイブリッドモデルで、最高出力は1,100ps以上発揮、最高時速390km/h以上といわれていますが、依然として不明。
その一方で、販売台数は「F1」と同様に世界限定106台としていますが、既に完売状態となっています。
価格は驚きの約2.9億円とのことですが、パガーニ「ウアイラ・ロードスター」よりも若干高めの価格設定となっており、マクラーレンの強気な姿勢が見られますね。

なお、「ハイパーGT」のその他の情報(一部未確定)としては以下の通り

・マクラーレンが独断で選んだ特定のオーナー106人には、「ハイパーGT」のサンプルを販売済み
・長距離移動時の快適性を向上させるために、サスペンションとエアロダイナミクスを最適化
・「サーキット最速」を目指すのではなく「信じられないほどのロードカー」を目指す
・「ハイパーGT」は「F1」と同様に3座シート
・運転席は非常に広々としているが、後ろ2席は若干狭め
・「ハイパーGT」はMSO部門が担当
・販売車種はクーペのみで、それ以外の販売計画は無し

【関連記事】
マクラーレン「ハイパーGT」の外観と運転席はこうなる。一部詳細が明らかに
マクラーレンのハイパーカーモデル「ハイパーGT・BP23(仮)」の価格は2.9億円であることが判明
「P1」よりもパワフルなマクラーレン「ハイパーGT」のティーザ画像が公開に

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう