ランボルギーニ「チェンテナリオ」が早くも中古車市場に登場。ブラック&レッド仕様で価格はやはり4億円超え

アメリカ・カリフォルニア州のフレズノ・ポルシェセンターにて、世界限定40台(クーペ20台、ロードスター20台)のみ製造するランボルギーニ「チェンテナリオ・クーペ」の中古車両が早くも登場。
車両本体価格は約2.8億円というとんでもない金額ではありますが、発売と同時に即完売し、日本にもクーペ1台、ロードスター2台が納車予定となっています(クーペは既に関東にて納車済み)。

スポンサーリンク

今回中古車として登場した「チェンテナリオ・クーペ」ですが、ボディカラーはカーボンブラックにレッドのアクセントが加えられたシンプルな組合わせ。
下回りのディテールをメインにレッドスプラインの確認がとれますが、Aピラーからルーフにかけてもレッドのアクセントが加えられているのは中々にオシャレ。

内装もさり気なくアップされていますが、ダッシュボードはフルアルカンターラ、シートはブラック&レッドのレザーとアルカンターラのバイマテリアルシートとなっています。

足回りも比較的シンプルですね。
ホイールは純正のままとなるカーボンブラックホイールに、ブレ―キャリパカバーはアクセントの共通化を図るためにレッドをチョイスしています。

なお、気になる中古車販売価格は約4.2億円と新車販売価格約2.8億円の1.5倍となっていますが、個人的にはそこまで大きな跳ね上がりが無かったように感じられ、ちょっと違和感の感じる価格設定であるように感じますね(恐らく「ラ・フェラーリ」やパガーニ等の高額車両を見ているからなのかもしれません)。

ちなみに、「チェンテナリオ」は、ランボルギーニの創設者であるフェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念して製造された、「アヴェンタドール」ベースのハイパーカーモデル。
パワートレインは、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力770ps、最大トルク690Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は2.8秒で、最高時速350km/hにまで到達。
ランボルギーニ「カウンタック」と同様に、闘牛(又は闘牛士)以外の名前が採用されていますね。
なお、「チェンテナリオ」はイタリア語で”100周年”を意味しています。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう