日本メーカ >トヨタ/レクサス

トヨタ・新型「スープラ」の開発車両を捕捉。スタイリングや足回り等もアップデートし徐々にその姿も明らかに

先日より開催中の東京モーターショー2017にて、トヨタとBMWの共同開発モデルとなる新型「スープラ」が登場するとの噂が浮上していたものの、結果的に出展されずでしたが、今現在もドイツ・ニュルブルクリンク等で開発車両が捕捉されています。
今回も幾度か幾度かアップグレードした「スープラ」が捕捉されていますが、今回はニュルでのテスト走行終了後のスパイショットとなっており、全体的にはまだまだカモフラージュは分厚いものの、全体的なスタイリングやエアインテークを含めたディテール部、三眼LEDヘッドライト、メッシュタイプのアルミホイール等徐々にその姿明らかとなってきていますね。

スポンサーリンク

フロントヘッドライトの三眼LEDヘッドライトは、最近のレクサスにおいて一般的となりましたが、あくまでもオプションオーダーであって、これがまた高額。安価なもので約7万円、高額なもので約15万円というオプションとなっていますが、恐らく「スープラ」の三眼LEDもオプション扱いになるのではないかと思います(通常は単眼LEDの可能性も)。

サイドのスタイリングを確認していくと、そこまでロングホイールベースでもなく、トヨタ「86」よりも少しコンパクトかつ丸い印象を受けますが、どちらかというと共同開発中のBMW「Z4」とほぼほぼ同じスタイリング(当たり前ですが…)。

リヤテール周りも恐らくプロダクションタイプと思われますが、中々に個性的。
エキゾーストパイプもデュアルタイプとなっていますね。

なお、パワートレインについてはBMW製の直列4気筒ターボチャージャーエンジンと直列(又はV型)6気筒エンジン+電気モータのハイブリッド搭載する可能性が浮上していますが、こちらについてはまだまだ不明となっています。

【関連記事】
トヨタ・新型「スープラ」の量産イメージ画像が公開に。少し丸みを帯びるもやはりスポーティな印象
トヨタ・新型「スープラ」のMT仕様はまさかのオプション扱い?ポルシェと同じような戦略?
マツダ「RX-9」やトヨタ「スープラ」、日産「フェアレディZ(390Z)」が登場予定の東京モーターショー2017。見どころはこれだけ?
久々のトヨタ・新型「スープラ」情報。三眼LEDヘッドライトを装着する模様

Reference:autoevolution

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >トヨタ/レクサス
-, ,