ロンドンにて、グロスカーボンにパープルカラーのパガーニ「ウアイラ」が目撃に。後方にはブガッティ「シロン」も

イギリス・ロンドンにて、世界限定20台のみ生産、新車販売価格 約3億円の超高額モデル・パガーニ「ウアイラBC」が目撃に。
今回目撃されている個体は、パープルカラーのベースとしたフロントボンネットやルーフ、リヤバンパー付近にかかえてカーボンファイバ製パーツを装備しているところはかなりハイセンスで、おまけにリヤには「77777」とぞろ目ナンバーを装備しているところも中々にユーモアを感じますね。

スポンサーリンク

日本はおろか、海外でもそう簡単に目撃することのできないパガーニ「ウアイラBC」。
ちなみに日本ではたった1台だけ存在するわけですが、この個体については昨年の大阪オートメッセでもド派手に登場していますね。

パワートレインは排気量6.0L AMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力730ps、最大トルク1,000Nmを発揮するとんでもないスペックを有しています。
なお、「ウアイラBC」の”BC”とは、パガーニの一番初めの顧客の名前であるベニー・オイオラ氏のイニシャルから取られたもので、実際に同氏にも「ウアイラBC」は納車済みとなっています。

ちなみに、プチパレードランをしていると、「ウアイラBC」の後ろには何故かブガッティ「シロン」が登場。
両名共に、目立ちたいという理由でパワードランを実施しているとのことですが、やはりイギリスでも人気の高い2台なだけに注目度も相当に高いとのことです。

関連記事:パガーニ「ウアイラBC」の名前の由来となったBenny Caiola氏にロッソ・ドバイカラーの「ウアイラBC」が納車

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう