アムステルダムにて、ゴールドラッピングのランボルギーニ「ウラカン」と謎の迷彩風ロールスロイス「レイス」が目撃に

オランダ・アムステルダムにて、ランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」をゴールドカラーにフルラッピングカスタム。更にはその後ろにいるロールスロイスの2ドアクーペモデル「レイス」もブラック&ホワイト&グレーの迷彩風のカスタムラッピングに施され、何とも異様な雰囲気を醸し出していますね(もちろんギャラリーも続々と登場)。
今回のカスタム車両を見る限り、やはり国内外問わずカラーラッピングないしはクローム系にカスタムを施す個体のほとんどがフルラッピングということが確認できます。

スポンサーリンク

特に、今回目撃されている「ウラカン」は、元々ブラックカラーであったボディカラーの上からフルゴールドラッピングを施しているわけですが、実はラッピング以外にカスタムせずほとんど純正にとどめているというところも面白いところですね(ホイールはランボルギーニ純正の20インチ・Mimas&ハイグロスブラックペイントの鍛造ホイール)。

フロントやリヤデザインを確認してみても、フロントロアバンパーやサイドスカートにはブラックペイントが施されていることからスタイルパッケージのオプションが設定され、それ以外にはシステム系のオプションがチラホラと装備されている程度。

「ウラカン」の後ろを走行するロールスロイス「レイス」は、それなりにカスタムが施されていますが、何かの宣伝カーなのでしょうか。
あらゆる企業名等が表記されており、一体どのような目的で「ウラカン」と走行しているのか気になるところですね。

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう