レクサス「RC/RC F」が一部改良へ。ナビは10.3インチ拡大へ、特別仕様車も登場だ

レクサスの2ドアスポーツクーペモデルとなる「RC200t/RC300h/RC350」、そしてハイパフォーマンスモデルとなる「RC F」が遂に一部改良へ。
今回の一部改良により、「RCシリーズ/RC F」全てのラインナップにLexus Safety System+を標準装備することで、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティシステム」や車線逸脱防止機能の「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」、そして、ロー・ハイビームを自動で切替え可能となる「オートマチックハイビーム」、「レーダークルーズコントロール」といった安全運転支援システムを追加。
また、ナビゲーション画面も7インチから10.3インチへと拡大し、「HS250h」を除いたラインナップが全てナビゲーションの改良が完了となりました。

スポンサーリンク

また、「RCシリーズ/RC F」に搭載される走行モードにおいても、NORMALやECO、SPORT以外にもCUSTOMモードが新たに追加。これは「LS/LX/LC」等に搭載される自身の好みに合わせた最適な走行モードとなりますが、シャシーや空調等の各制御をカスタマイズすることで、より走ることの歓びを追求することが可能となっています。

また、ラインナップについても排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載の「RC200t」の名称を「RC300」(排気量3.0L相当になるため)へと変更、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+モータ搭載の「RC300h」や排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジン搭載の「RC350」はそのままの名称となります。
続いてのハイパフォーマンスモデルとなる「RC F」には、安全機能となるブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートを標準装備。
そして、これまでは「LC500/LC500h」にしか設定できなかった特別なボディカラーとなる「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」が新たに登場。このカラーは「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」や「ヒートブルーコントラストレイヤリング」と同様に有償オプション(162,000円)となります。

その他には、今回の一部改良に加えて「RC300/RC300h/RC350」のスポーツグレード”F SPORT”をベースとした特別仕様車「F SPORTプライムブラック」なるものが登場し、こちらについては、グラファイトブラックガラスフレークのボディカラー、内装はブラック&オレンジのカラードステッチ、そして漆黒メッキのスピンドルグリルフレーム、マットクリア塗装による19インチアルミホイール、本杢仕上げとなる特別なステアリングホイール、ブラックステンレス調のウィンドウモールを標準とし、ブラックを基調とした新たなスタイルとして販売されています。

価格帯については、一部改良となった「RCシリーズ」は530万円~672万6,000円、「RC F」は982万円~1,059万4,000円、そして特別仕様車となる「F SPORTプライムブラック」は610万円~708万円となっています。

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう