欧州メーカ

モーガンが、エアロ8のモータースポーツからインスパイアされた「エアロGT」のティーザー画像を公開【動画有】

イギリスの少量生産メーカであるモーガン・モータ・カンパニーが、何とも過激な最新モデル「エアロGT」ティーザー画像を公開。
今回公開されている「エアロGT」は、同社が2000年に発表した2ドアコンバーチブル「エアロ8」のグローブオフモデルとして登場が期待されています。
「エアロ8」は、モーガンが当時約64年ぶりにに新設計したモデルで、ボディフレームには一部木製フレームを採用するという拘りっぷり。シャシーは同社として初のアルミ合金を使用しており、デザインにおいては、流麗な湾曲を多用することでレトロと新規性を融合させた全く荒しい一台となります(光岡自動車のコンセプト)。
パワートレインは、排気量4.4L BMW製V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力286ps、最大トルク430Nmを発揮。トランスミッションはゲトラグ製フロア式6速MTを搭載し、駆動方式は後輪駆動(FR)のみが準備されていました。

スポンサーリンク

今回公開されているティーザー画像は、上記の通り「エアロ8」からインスパイアされたもので、新たなウィングトップルーバーやディープなサイドシル、大型リヤディユーザーを付属したカスタマイズモデル。

パワートレインは、排気量4.8L BMW製V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力372ps、0-100km/hの加速時間は4.5秒、最高時速274km/hまで到達します。ちなみにトランスミッションは、やはり生粋のクルマ好きのためにある6速MTを搭載することとなります。
この個体については、モーガン・モータ・カンパニーの設計責任者であるジョン・ウェルズ氏より「多くの人とは異なり、私たちはデザイナーの想像力と職人の技術を発揮する本当に特別な限定を作りだすメーカであります」と他社ブランドとの差別化も実施。
なお、全てのモーガンの個体は、厳格な仕様に基づいて準備しているため、ユーザーよっては更に厳密なオプション選択が可能となるのかもしれません。
この辺りは、恐らく上司の指示により生み出されたものになるため、ある意味楽しい一台になりそうですね。

 

【Morgan Aero GT Teaser (2017)】

Reference:島田愼介

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ
-, ,