これは純正カラー?モナコにて、ランボルギーニのグリーン(ヴェルデ・マンティス)風のマセラティ「レヴァンテS」が登場

マセラティのライトグリーン?!

モナコにて、何とも珍しいグリーンカラーのマセラティ「レヴァンテ」が登場。
ブラックやホワイトといった硬派なボディカラーのイメージが多いマセラティですが、今回目撃されているのは、ランボルギーニ「ウラカン/アヴェンタドール」にも採用のライトグリーン系(ヴェルデ・マンティもしくはヴェルデ・スキャンダル)で、かなりコミカルな印象に。
ただ、上のようなライトグリーンのボディカラーについて色々と調査したところ、同色のカラーオプションは存在しておらず、もしかするとカラーラッピングが施された個体なのかもしれません。

スポンサーリンク

やっぱり海外のラッピング技術は進んでいる

ルーフはマットブラック系?のようにも見え、足回りをブラックペイントに仕上げることで全体的にメリハリを示した一台となっており、これはこれでかなり出来上がった個体。

海外では、カラーラッピングを施すスポーツカー/スーパーカーが多数存在しますが、常々思うのはこうしたハイレベルなラッピング技術により、一切ムラの無いボディ表面を作りだしており、まるで従来存在するかのようなボディカラーにまで仕上げてくるのは感服の一言。
もちろん、それなりのコストがかかることは承知していますが、それだけの対価を支払う価値は十分にあるものだと思います。

Reference:AUTOGESPOT

関連記事①:ドイツにて、太すぎるブラック&レッドのセンターストライプが入ったマセラティ「レヴァンテS」が目撃に

ドイツ・エッセンにて、何とも個性的なマセラティ「レヴァンテS」が目撃に。
こちらの個体、通常はセンターストライプやセンターデカールといった純正オプションは存在しないものの、オリジナルカスタムということで、ラッピングにてブラック&レッドのストライプをデザイン。

しかしながら、いくらセンターストライプを入れると言っても、そのストライプの幅があまりにも大きすぎて、ちょっとヤンチャな仕上がりになっていますね。
フロントボンネットにおいては、デルタ形状に近いストライプとなっていますが、ルーフからリヤにかけてストレートのブッといストライプに統一されていますね。

サイドデカールも装着されており、マセラティの名称+ブランドロゴが表記されていて、こちらは非常にオシャレな仕上がりに。

トータル的には、かなりバランスとのとれたカスタムとなっていますが、アウトデザイン以外は基本的に”ノーマル”といった感じですね。

関連記事②:何とも個性的だ。ロシアにてイエローカラーのマセラティ「レヴァンテS」が目撃に

20161216_4_%e3%83%ac%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%86

ロシアのサンクトペテルブルクにて、何とも個性的なイエローカラーのマセラティ「レヴァンテS」が目撃に。
この「レヴァンテS」のボディカラーですが、一見メーカオプションにて選択可能かと思いきや、マセラティHPのコンフィギュレータにて、ボディカラー一覧を確認してみると、イエローが選択リストに存在しないという不思議な問題に。

一体このカラーがどのようにして登場したのかは甚だ疑問ですが、もしかしたらイエローラッピングが施されているのかもしれないですね。

20161216_1_%e3%83%ac%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%86

20161216_3_%e3%83%ac%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%86

20161216_2_%e3%83%ac%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%86

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう