スーパーカーメーカ >ランボルギーニ

ツインターボ化で1,500馬力発揮。過激チューニングされたランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスター」が公開に

ランボルギーニのフラッグシップオープンモデルとなる「アヴェンタドール・ロードスター」を、更なるハイパワーモデルへと変貌させるために、アンダーグラウンド・レーシングに転向した一人のオーナーによる指示で過激チューニング。
元々、「アヴェンタドール・ロードスター」はクーペ同様に排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力700ps、最大トルク690Nmを発揮。0-100km/hの加速時間は3.0秒、最高時速は350km/h以上と十分すぎる程のハイスペックを持つ一台となります。

スポンサーリンク

この個体は、上記にあるオーナーが、アンダーグラウンドレーシングにて使用することを想定しており、チューナーには自然吸気エンジンからツインターボシステム化、ビレット連結ロッド、カスタムCPレースピストン、ビレットフライホイール、アクスル、ディファレンシャル、カスタムクラッチを備えたレーシング仕様のショートブロックを備え、更には特別なECUセットアップ。

これにより、最高出力700ps→1,250psまで向上するわけですが、更にレースガスにおいては1,500psにまで向上するとのことで、同社ハイパフォーマンスモデルの「アヴェンタドールSV」の750psよりもちょうど2倍のパワーを発揮する一台へと変貌。
0-100km/hの加速時間は3.0秒→2.5秒へと短縮されていますが、これはあくまでも1,250psまで調整した場合の記録で、1,500psともなると2.3秒ほどまで短縮できるのかもしれませんね(テスラ「モデルS P100D」やダッジ「チャレンジャー・SRTデーモン」と同じ加速性能を持つことに)。

【関連記事】
0-100は3秒以下、1,400馬力に改造した直線番長。ポルシェ「9ff(997) GTronic」が登場【動画有】
トリプルターボだと?!マクラーレン「MP4-12C」を1,200馬力まで魔改造したぶっ飛び動画【動画有】
改造費は8,000万円、1,000馬力仕様のポルシェ「911GT3」が中古車市場に登場。思った以上に価格がヤバかった件

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ
-, ,