中国の卸売業者がBMWを「小銭」で購入。枚数にして約80万枚、段ボール10箱分という地獄【動画有】

中国のBMWディーラにて、卸売業を務める男性がBMWを現金一括購入。
BMWの車種は不明ですが、新車販売価格にして約720万円とのことで、これだけの大金を”小銭”で支払ったとのこと。
小銭は全て5角(0.5元)で、枚数にして約80万枚。これを段ボール10箱分に詰め込んで支払ったわけですが、これだけの枚数をBMWのスタッフが総出で何時間もかけて数えた模様。
約80万枚もの小銭を数えきったスタッフも中々に根気のいる作業だったと思いますが、なぜこれだけの枚数を銀行に持ち込んでマネーカウンターなどで処理しなかったのかは疑問に思うところ。
お金を計算する工数削減やミスを最大限に少なくするための最善策だとは思いますが、意地でも数えきりたかったのでしょうか。

【Businessman buys BMW with spare change ‘saved over years’】

スポンサーリンク

こちらも中国・瀋陽北東部にて卸売業者が66万枚のコインと1元紙幣を大量に持ち込んで高級車1台を購入したというもの。
1台のトラックに詰め込まれたコインたちは、まるで丸太が敷き詰められていたのかのようで、これをみたスタッフたちは一瞬で顔色を悪くしたでしょうね。
このあと、約2日間かけて大量のコインたちを数えきったとのことですが、車両本体価格に対して支払金額が若干足りなかったという問題が発生。オーナーは、後日”クレジットカード”で支払ったとのことです。

【Chinese Man Uses 660,000 Coins To Buy Brand New Car】

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう