これは美しい。アトランティス・ブルーにカスタムされたBMW「M3」が登場

BMWのMスポーツモデル「M3 F80」を、特殊なボディカラー・アトランティスブルーにカスタム。
この特殊なブルーカラー、カラーラッピング施工によるものかと思いきや、何とも驚きの全塗装にて再現されているとのこと。
一体どれだけの色相となっているのか気になるところですが、ペイント代だけでも相当な費用が発生すると予想(もしかすると100万円以上?)。
見る角度によって、水色にも見えれば、濃いめのブルーにも見える特殊なメタリックブルーですが、このカラーは以前にもご紹介のBMWアブダビにてカスタムされた「750Li」に近い色合いで、しかしながらその光沢具合は全く異なっているようにも見えますね。

スポンサーリンク

もちろん、ボディカラー以外にもチューナーの3Dデザインによるカーボンファイバアクセントやカラー付ウィンドウ、K3V3コイルオーバーサスペンションに加えてHRE鍛造ホイールも装備することで、ハードな足回りを表現。ホイールリムのツライチ具合は何とも絶妙ですね。

リヤデザインについては、特にこれといったカスタムは施していないものの、やはりボディカラーが異なるだけでボディの引き締まり具合や印象が大きく変化するのも面白いところ。
ボディメンテナンスは非常に苦労するかと思いますが、オースチンイエローに次いで目立つこと間違いなしの一台ですね。

Reference:CARSCOOPS

コレがBMWアブダビが公開したアトランティス・ブルーの「750Li」だ!
関連記事:BMWアブダビの進化は終わらない。今度はアトランティスブルーの「750Li」を公開


これまで、ブルーやイエロー、グリーン、ブロンズといった奇抜なボディカラーに身を纏った個体をカスタム・公開してきたBMWアブダビですが、以前に公開したロングビーチブルーカラーに身を纏った「M760Li xDrive」とはまた別に、アトランティスブルーに身を纏った「750Li」が公開に。
アトランティスブルーのボディカラーと言えば、以前に同色の「M4」がMBWアブダビから公開されており、相当な人気が高かったとのこと。恐らく、ユーザーからの意見を取り入れた一台と思われますが、一台に収めることなく幅広く他モデルにも展開するBMWアブダビの精神は素晴らしいところ。

今回公開されている「750Li」は、排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力450ps、最大トルク650Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は4.5秒とロングモデルの4ドアセダンとしてはずば抜けて加速力が高いモデルとなります。

そんなハイパフォーマンモデルの「750Li」を確認していくと、ボディカラーに見合わった爽やかに加えて、光沢のあるブラックのメッキパーツによって引き締まりを強化。
フロントエアインテーク周りのブラック調のメッキはもちろんのこと、サイドドアパネル、リヤバンパーもブラックに仕上げられています。

内装は本革を採用のダークローズ風。
ドアパネルやダッシュボード下部、センターコンソールにもダークローズの本革が採用され、車全体がユニークな仕上がりに。

後席ももちろんオールダークローズ風に仕上げており、過激さの中にゆったりした室内空間を提供していますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう