スーパーカーメーカ >ランボルギーニ

ルーフが自動開閉だと?!中々完成度の高いランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスター」レプリカが登場【動画有】

某国にて、ランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスター」のレプリカモデルを製作した猛者が登場。
ベースとなるモデルは不明ですが、動画を見る限りでは、全体的にコンパクトなサイズ感であることは間違いものの、かなり完成度が高く、拘りの強い仕上がりとなっています。
フロントの造りにおいては、ランボルギーニ独特の尖がったデザインを上手く表現していて、元々"カメムシ"をモチーフにした「アヴェンタドール」の特徴的なフロントフェイスを見事再現。

ドアはもちろん、ランボルギーニの象徴でもあるシザードア(ガルウィング・ドア)。
「アヴェンタドール」同様に垂直に開くのではなく、若干斜めに開くというところの再現度も非常に細かいですね。
(「カウンタック」「ディアブロ」「ムルシエラゴ」はドアが垂直に開く)

サイドを確認していくと、全長は非常にコンパクトですが、ロングホイールベースで、フロント・リヤオーバーハングは超短め。
いかにもスーパーカー風のデザインですね。
ホイールは何インチなのでしょうか?ハイパーフォージド風のデザインで18インチはありそうですね(おまけに低扁平)。

リヤデザインの造りも細かいですね。
エンジンはもちろんミドシップ。エンジンベイもガラス製(プラスチック?)で、空冷効果をしっかりと発揮しています。
ちなみに、リヤに搭載されるエンジンは自動二輪のユニットを供給しているとのことで、そこまで速くは走れない模様。
ただ、車両重量は相当軽いと思われるので、パワーウェイトレシオで考えたら加速性能は相当高いかもしれません。
しかもリヤウィングを搭載しているということは、この個体はハイパフォーマンスモデルの「アヴェンタドールSV」でしょうか。強力なダウンフォースを発生させ、走行性能を大幅に向上させていることでしょう。

驚くべきは、ルーフがまさかの自動開閉式というところ。
本物の「アヴェンタドール・ロードスター」は、ルーフが手動脱着式ですが、このレプリカは「ウラカン・スパイダー」同様にボタン一つで自動でルーフのオープンクローズが可能となっていて利便性が向上しています。

フロントボンネット内はこんな感じ。
本物の「アヴェンタドール」よりも奥行きがあり、荷物はある程度詰めそうですね。

速度メータはこんな感じ。
最高時速は約130km/hで、速度メータの下には"R(リバース)"、"N(ニュートラル)"、"1速~4速"が緑色LEDにて切り替えられます。
こちらのオーナーさん、かなりのランボルギーニ好きで、どうしても「アヴェンタドール」に乗りたい!という強い想いから作られたとのことですが、ある意味これまで登場してきたレプリカモデルの中でも、最も完成度が高く拘りの強い一台なのではないかと思いますね。

それでは、早速その素晴らしい「アヴェンタドール・ロードスター」のレプリカを見ていきましょう!
動画の後半では、更に完成度を高めて、ビアンコ・フジ風に身を纏って登場します。

スポンサーリンク

【HE BUILD LAMBORGHINI SUPERCAR with Motorcycle engine !】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ
-, , ,