この組合わせ最強。マルティーニリバリーカラーの「フォードGT」にヴォッセホイール、オーナーは何と?!

カスタムホイールメーカのヴォッセ・ホイール(Vossen Wheels)が、フォードのハイパフォーマンス・スポーツモデル「フォードGT」をカスタム。
今回公開されている個体は、ホワイトを基調としたボディカラーに、ブルーとレッドのアクセントカラーを加えたマルティーニリバリー仕様という豪華な組合わせ。
「フォードGT」の中でも、こうしたレーシングカーデザインの個体を確認することは難しいのですが、更にここにカスタムホイールを組合わせるというのはかなり稀かもしれません。

スポンサーリンク

カスタムホイールメーカのヴォッセ・ホイールが準備したモデルは、凹型プロファイルとマルチスポークデザインが特徴のS17-01ホイールで、リムのブロンズ仕上げに加えて、磨きを加えたポリッシュ仕上げにより高級感を演出。
ホイールデザイン的には、ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」のNarvi20インチ鍛造ホイールに近いですね。

こちらが、「ウラカン・ペルフォルマンテ」のNarvi20インチ鍛造ホイール(ブロンズカラー仕上げ)。

下周りのフルエアロキットにおいては、全てハイグロス仕上げとなるカーボンファイバリップを装着し、空力特性の向上と最大限の軽量化に努めているのだとか。
ホイールだけでも数百万円レベルのコストがかかっていますが、下周りのカスタムも加えるとなると更に高額になることは間違いなさそうです。

なお、マルティーニリバリーデザインで社外ホイールを装着する個体は、世界でもこの一台だけとのことで、これだけの過激な1台を持つオーナーは、北米フォードのデザインディレクターであるChris Svensson氏。
フォードは、同社従業員だけがオーダーできる特別カラーの「フォードGT」を所有することを許されているため、もしかすると、今回のモデルもそういった類のものなのかもしれません。

Reference:autoevolution

こちらが、フォード従業員専用デザインの「フォードGT」だ!
関連記事:フォード従業員だけが購入できる特別な「フォードGT」が公開。3色もの特別なボディカラーを採用(2018/2/16投稿)

先日、欧州にて納車された第一号の「フォードGT」は、下半身麻痺の障害を持ったオーナー向けに特別に改造された個体でしたが、今回は特別な顧客でも購入することのできない”フォードの従業員向けに作られた「フォードGT」”が納車されています。
この個体は、ル・マンレースにて参戦した「フォードGT LM GTE」のレースカーをモチーフにデザインされていて、ボディカラーにはビクトリー・スキームと呼ばれる3色の色彩(ブルー&ホワイト&レッド)が採用されているとのこと。

ちなみに、この特別なモデルを所有するオーナーは、フォード北米CEOであるラージ・ナイアール氏で、彼はフォード一筋で働いてきた従業員でもあります。

なお、こうした特別なボディカラーに身を纏った「フォードGT」を所有するオーナーとしては、フォードNASCARドライバーのジョー・ロジナノ氏やリッキー・スターンハウス・ジュニア氏が存在しますが、彼らはブラックとホワイトをチョイスしているため、三色というのは非常に珍しく希少性が高いといわれています。

その他には、フォード・モーター・カンパニー以外で、最新の「フォードGT」を所有するオーナーには、伝説のレーサーであるダリオ・フランキッティ氏や歌手のエイミー・マクドナルド氏、音楽プロデューサーのDeadmau5氏、野球選手のCJウィルソン氏、自動車系人気ユーチューバーのShmee150氏、俳優のスコット・イーストウッド氏、マクラーレンのボスであるザック・ブラウン氏、ジェイ・レノ氏、そして元プロレスラーのジョン・シナ氏が居ます。 


【関連記事】
「フォードGT」を無断転売したジョン・シナ選手、実は2年間の保有契約は結ばれていなかった?【動画有】(2018/2/15投稿)
欧州にて、”特別な”「フォードGT」第一号が納車。オーナーはあの有名ドライバのジェイソン・ワット氏【動画有】(2018/2/10投稿)
WWEプロレスラーのジョン・シナ選手が、「フォードGT」を無断転売でフォードから提訴【動画有】(2017/12/3投稿)
アメリカのジェイ・レノ氏に「フォードGT」が納車。早速プロテクションラッピング施工を行う(2017/5/31投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう