悲報。フロリダ警察が乗るダッジ「チャージャー」のポリスカーとランボルギーニ「アヴェンタドール」がドラッグレースを繰広げる【動画有】

アメリカ・フロリダ州にある高速道路にて、ダッジ「チャージャー」のポリスカーとランボルギーニ「アヴェンタドール」がドラッグレースを繰広げるという事態に。
フロリダ警察官がパトロールしていたダッジ「チャージャー」に対して、明らかに挑発行為を仕掛けるランボルギーニ「アヴェンタドール」。

スポンサーリンク

前方の道も完全に空いているため、ランボルギーニ「アヴェンタドール」が先に仕掛けるためにいきなりフルスロットルスタート。
この加速に負けじと追いかける「チャージャー」。
一瞬「速度違反の取り締まりか?」と思いきや、両車がまさかのドラッグレースバトルを繰り広げ、どちらが速いかを競っていたという事実を知ると非常に残念な気持ちになりますね。

確かに、4,000~5,000万円以上もするランボルギーニ「アヴェンタドール」を高速道路にて見かければ、誰でも興奮しますし、何故か”後ろから追いかけたくなる”気持ちも良く理解できます。
しかしながら、ドラッグレースを行う場所はもちろんのこと、警察官がこういったレースに参戦すること自体が大きな信用問題に関わる話ですし、この後の警察官を含む「アヴェンタドール」のオーナーがどのように変化していったのか気になるところ。

【Viral video shows Florida Highway Patrol trooper racing Lamborghini】

Reference:CARSCOOPS

「チャージャー」事件はドラッグレース以外にも?!
関連記事:アメリカにて、ポリスカー内で警察官が熟睡しているところを激写される事態に(2017/8/11投稿)


アメリカ・インディアナ州にて、ポリスカー(恐らくダッジ「チャージャー」)に乗った警察官2人が、墓地内の道路にて、エンジンをかけっぱなしのまま車内で熟睡しているところを、近くの住民によって撮影されてしまうという珍事が発生。
目撃者による、ポリスカーは約3時間程エンジンをかけっぱなしにしたまま熟睡していたとのことですが、インディアナ州の警察署は、駐車時のアイドリングや排ガスに関する運動を積極的に行っている地域でもあるため、今回の件は相当な大事になると思われますね。

なお、この情報は瞬く間にインディアナ州に広がり、地元紙の「The Pal-Item」にもとり上げられる等、同警察署も厳しく追及されることに。
もちろん、車内で熟睡していた男性2人は、同警察署の署長より「何らかの制裁を科すことになる」としていますが、この男性2人をまとめる署長にも何かしらの責任を問われるのではないか?とも思ったりしますが、現在のところは何も行われないとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう