マツダのピックアップトラック「BT-50」がフェイスリフト。いすゞベースの低重心モデルに

マツダが2015年に新型モデルとなるピックアップトラック「BT-50」を発表しましたが、2018年モデルとしてフェイスリフト版が販売されることがわかりました。
新しく再設計された「BT-50」は、クルマの視覚重心を下げ、バンパーフレームが四角形になり、コントラストの高いフォグランプを追加、大きな台形のようなエアダクトが設けられているとのこと。

スポンサーリンク

気になるフロントグリルについては、車体フロントをセダンのようにまっすぐに伸ばし、ワイド且つフラットなフロントエンドグリルが採用されます。
エンジンはおそらく排気量3.2L 直列5気筒ディーゼルターボエンジンやフォード「レンジャー・ラプター」にも採用の排気量2.0L 直列4気筒EcoBlueディーゼルターボエンジン(最高出力210hp)を搭載する可能性も有りそうです。

機能性においては、Apple CarPlayやワイヤレス充電といった先進的なアクセサリ機能が加えられる以外には、特にこれといった情報は無いものの、下周りのプラットフォームについては、いすゞ「D-Max」ベースのプラットフォームを採用する可能性が高いと言われています。

Reference:autoevolution

関連記事:スズキ「キャリー」にロータリーエンジンを搭載してみた。軽量化を極めしエンジンスワップ【動画有】(2017/8/3投稿)

スズキの軽四トラック「キャリー」に、マツダ「RX-7」のFD3Sに搭載していたとされるロータリーエンジンO/Hを移植したトンデモ動画が公開に。
とても軽量化に軽量化を重ねた軽四トラックから 放たれるエキゾーストサウンドは、とても”軽トラ”とは思えないほどに独特で、まさに「FD」のロータリーサウンドを奏でていますね。

ちなみに、今回のエンジンスワップに加えて、30個所近く変更しているとのことで、以下はその一部を抜粋。
「変更するならば徹底的に」という想いが伝わってくる一台で、相当にこだわりの強いオーナーなのだろうなぁと感じますね。

・ポート研磨
・純正からRaysホイールに交換
・NOS搭載
・燃料タンクを50Lに交換
・フロント車高調
・ロールバー11点 GTウィング
・フルエアロ&オーバーフェンダー
・メーター各種追加
・フューエルコントローラーVpro
・フロントディスクキャリパーENDLESS 6ポットスリットディスクローター等
・リヤデフ AE86流用LSD
・ブレーキシルビアS14ディスクスリットローター

【キャリートラックロータリーエンジン搭載】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう