この変貌を見よ!ロシアにて、ランボルギーニ「レヴェントン」のレプリカが販売中、ちなみに中身は?

ロシアにて、ランボルギーニ「レヴェントン」風のレプリカモデルが中古車サイト・Avitoにて販売中。
「レヴェントン」は、ランボルギーニのフラッグシップモデル「ムルシエラゴ」をベースとしたスーパーカー。
2007年に登場して約10年が経過しましたが、今も尚色褪せない近代的なスタイリングとデザインを持ちます。

ですが、今回登場している個体は「レヴェントン」そのものでは無く、三菱のスポーツモデル「GTO」をベースにしたレプリカ版で、かなり小柄に見えますね。

スポンサーリンク

このレプリカモデルは、「レヴェントン」のボディデザインやカラーをしっかりと引継ぎながらも車体サイズまでは実現できていないコンパクトサイズ(大分土埃がかぶっている)。
フロントのヘッドライトハウジングは「レヴェントン」特有の釣り上げ式の三角形を取り込んでいます。ライトは単眼のHIDを採用。
大柄ともいえるエアインテークや、カメムシをモチーフにした尖ったフロントエンドもそれなりに再現されています。

サイドから見たスタイリングはこんな感じ。
フロントにエンジンを搭載しているため(「レヴェントン」はミドシップ)、ノーズは長く、フロント・リヤオーバーハングはかなり長めでバランスはちょっと悪そう。
チープ感丸出しの5スポークシルバーホイールと偽サイドインテークを装着しています。

リヤデザインは何かを割り切ったかのような仕上がり。
「レヴェントン」風のリヤテールランプとリヤディフューザー、バンパー等を諸々寄せているように感じますが、バランスが少し偏っているようにも見えます。(とりあえず頑張った感はある)

インテリアは公開されていませんが、恐らく三菱「GTO」のデザインそのままではないかと思われます。

なお、このレプリカモデルは走行距離80,000km走行済みで、約109万円から販売されています。

【ランボルギーニ・レプリカ関連記事3選】
中身は何?ランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスター」のレプリカが約300万円にて販売中(2018/4/9投稿)
ルーフが自動開閉だと?!中々完成度の高いランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスター」レプリカが登場【動画有】(2018/1/26投稿)
あのリバティーウォーク(LB)が、東京ASにてランボルギーニ「ミウラ」のオバフェン・カスタムモデルを公開【動画有】(2018/1/13投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう