PriorデザインがメルセデスベンツAMG「GT S」専用キットを公開。超絶ワイドでLB風?

何やら過激なキットを公開してきたPriorデザイン

ドイツのカスタムチューナでメルセデスベンツを主に手掛けるPriorデザインが、AMG「GT S」専用ボディキットを公開しました。
今回公開されている専用ボディキットは”PD700 GTR”と呼ばれ、4つのコーナーと新しいサイドスカート、リバティウォーク並みの大型フレアフェンダーに加え、カーボンファイバ製のフロントエプロン、フロントボンネット、大型リヤディフューザー、固定式リヤウィングを搭載し、トップラインは「GT R」の面影すらも感じる仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

約2,000万円もするスーパースポーツにここまでカスタムできる勇気は無い

今回Priorデザインが公開しているボディキットの費用については、一切言及していないものの、カーボンファイバを多用していることから最低でも200万円は発生するのではないかと予想。

足回りについては、H&Rロワースプリングをインストールすることで、40mmのローダウンを施し、更にはフラップ機能を備えたスポーツエキゾーストシステムもセットしています。

実用性無視の男前すぎるローダウン

見てくださいよこの変態的なローダウン。
フレアフェンダーとタイヤとのクリアランスが何とも言えないですよね。
ちなみに足元に装着されるホイールもPriorデザイン製で、フロント9.5j×20インチ、リヤ12.5j×21インチの異径アルミホイールにコンチネンタルZR21タイヤ(フロント245/30、リヤ305/25)を装着しています。

インテリアは、カーボンファイバトリムやコントラストステッチを施したアルカンターラを採用。
シートやダッシュボード周り、ステアリングホイールにもふんだんに使用していますね。

シートのヘッドレストやステアリングにはPriorデザインのロゴが添付されています。

エンジンについては特にチューニングは施していないため、従来通り排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力522ps、最大トルク670Nmを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.8秒、最高速度は310km/hにまで到達しますが、今回足回りのカスタムやエアロキット装着によりパフォーマンス性能は多少なりとも変化はすると考えられるも、この辺りはPriorデザインも特に言及していない模様。

☆★☆Priorデザインの関連記事5選はコチラ!☆★☆

Priorデザインがマクラーレン「570S」をカスタム。リバティーウォーク風のワイドフェンダー仕様に(2018/2/3投稿)
Priorデザインが、国内未発売となるメルセデスベンツ「Xクラス」をカスタム。これは海外で流行るかも?(2017/12/2投稿)
Priorデザインが、ワイドボディ化したアウディ「R8 V10 Plus」を公開。意外と良心的な価格にて提供【動画有】
Priorデザインがマクラーレン「570S」専用エアロキットを公開。かなり派手なレーシング仕様に
PriorデザインがメルセデスベンツAMG「C63クーペ」をアグレッシブにカスタム

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう