これマジでヤバし。オーストリアにて、あのマンソリー仕様のフェラーリ「812スーパーファスト」が登場

やはりマンソリーは別格だった

今年3月に開催されたスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、過激派マンソリーカスタムのフェラーリ「812スーパーファスト」が公開されましたが、今回そのカスタムが早くもオーストリア・ヴィエナにて目撃されています。
今回インストールされてる特別なボディキットは、「F12ベルリネッタ/599GTB」にも流用可能で豊富なフォージドコンポジッドパーツをパッケージングし、かなりド派手な視覚的変化を追求しています。

関連記事:何これヤバイ。マンソリーがド派手なフェラーリ「812スーパーファスト」をジュネーブMSにてデビュー(2018/3/6投稿)

スポンサーリンク

一瞬「812スーパーファスト?」と疑ってしまう程の変貌っぷり

フロントフードはもちろんですが、フロントエンドにもフォージドコンポジッドパーツを使用することで、見た目の向上に留まらず軽量化にも相当な力を入れている模様。
フロントヘッドライトにもフォージドコンポジッドプレートを装着することで、表情に磨きが掛かっていますね。

サイドデザインにおいても、サイドスカートやドアミラー、フロントウィングエアエクストラクタ、大型リヤウィングに大量のカーボンを使用。

こちらはリヤデザイン。
フロントやサイド同様にリヤテール周りやリヤディフューザー周りにも大量のド派手なフォージドコンポジッドをインストール。
ロッソ系のボディカラーとカーボンのツートン仕上げがマッチしていますが、これで走行するのは何とも勿体ない気もしますね。

足回りにおいては、マットブラック仕上げの鍛造アルミホイールに、リム周りにはレッドのアクセントを追加。
ブレーキキャリパは、フェラーリのシンボルカラーでもあるジアッロ系(イエロー)を採用していますね。
なお、パワートレインは排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンはそのままに、エンジンスペックにおいても最高出力800psとチューニングは施されていないとのことです。

☆★☆マンソリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

マンソリーがメルセデスベンツAMG「C63クーペ」をカスタム。見た目・パワー共に過激ながらもスポーティに抑制(2018/6/3投稿)
このゴリゴリ感が堪らない!マンソリーカスタムのポルシェ「パナメーラC-One」が公開(2018/5/16投稿)
マンソリーがフェラーリ「458スパイダー」専用キットを公開。「エンツォ・フェラーリ」を意識したボディやホイールにもカーボンを使用(2018/4/22投稿)
価格は約2.6億円。カーボン満載マンソリー仕様のブガッティ「ヴェイロン」でドーナツターン【動画有】(2018/4/10投稿)
マンソリー・カスタムのアストンマーティン「DB11」を公開。素材は超高級なフォージドカーボン【動画有】(2018/3/27投稿)

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう