人気ユーチューバー・おつぽんさんがブガッティ「シロン」に乗る。世界で30人しか入会していない「400キロクラブ」の内容・年会費も明らかに【動画有】

2018-11-11

人気ユーチューバーがブガッティ「シロン」に乗っちゃいました!

自動車系ユーチューバのおつぽんさんが、世界限定500台のみ販売(現時点で320台以上オーダー済み)で、日本に到着したばかりのブガッティ「シロン」に乗車した動画を公開。
「シロン」の車両本体価格は約3億円とも言われていますが、仮に宝くじで5億円当選したとしてもブガッティの厳しい審査(タイヤ4本を維持できるだけの財力や社会貢献力等)絶対に購入することのできない代物となっています。

そんな貴重過ぎる「シロン」は、現時点で九州に1台、関東に2台到着しているとのことですが、今回本動画にて登場している個体は納車前の一台となっています。
※ZOZOTOWN前澤社長の「シロン」とボディカラーがカブっていますが、オーナーはまた別の人物となります。

スポンサーリンク

初っ端からいきなり度肝ぬかされる

こちらはオーナーが「シロン」を注文した際に届けられるミニカー。
ボディカラーやインテリア、細部に至るまで納車する前に忠実に再現され、オーナーに事前にお送りされるとのことですが、何とこのミニカーだけで400万円もするみたいです。

「シロン」のカギの本革は内装のカラーと統一

これは意外と知らなかったのですが、ブガッティ「シロン」のカギに取り付けられた本革は、オーダーしたインテリアデザインと全く同じとのこと。
今回オーナーさんがオーダーしたのはレッド系のインテリアなので、キーの本革もレッド系に統一されています。

「シロン」にデザインされる”C”形状は、ヴィンテージモデルがモチーフ

ブガッティ「シロン」のサイドにあるルーフからリヤエンドにかけて流れる独特のC形状は、同社ヴィンテージモデルとなる「タイプ57・クーペ・アトランティーク」のデザインをモチーフにしていて、更に内装にも同じC形状が採用されています。

このインテリアにあるC形状ラインにはLEDが搭載されています(レッドのフルレザーシートにホワイトのカラードステッチが何とも素敵)。

こちらは、「シロン」のフロントボンネット下にあるトランクルーム。
「ラ・フェラーリ」やマクラーレン「P1」に比べて奥行きがあり、意外と積載できるものが結構ありそうですね。

「シロン」の製造過程の写真もお届けします

ブガッティ「シロン」をオーダーする際、実際にフランスのブガッティ本社に訪問し、専門のコーディネータとパソコンを使いながら仕様決めを行っていきます。
全てがオリジナルとなるため、ボディカラーやインテリア、キャリパカバー等、完全にオプションも決定した後に、先ほどの400万円のミニカーがオーナーのもとに到着。特に問題なければ製造スタートということになるみたいですね。
ちなみに、こちらのオーナーさんの「シロン」は納期3年とのことでした。

給油口周りにはカーボン…

給油口周りはこんな感じ。
カーボンファイバパネルの蓋というのが何とも贅沢ですね。
ちなみに反対側にはオイル交換用の注入口が設けられています。

噂のリミッター解除キーも登場

「シロン」の最高時速は、リミッター解除することで420km/hにまで到達するといわれていますが、具体的にどのように解除するのかも本動画に公開されています。

リミッター解除キーは、ドライバーズシートとサイドシルの間に溝があり、そこにはめ込むことで磁石のようにくっつき収納することができます。

リミッター解除したい場合は、キーを出して溝の隣にある鍵穴に指して、イグニッションを回すことでリミッターが解除されます。この辺りは結構アナログではありますが、オーナーしか知り得ない貴重な情報ですね。

ブガッティには「400キロクラブ」と呼ばれる会員制度も存在。年会費は?

ブガッティ「ヴェイロン/シロン」を購入すると、「400キロクラブ」と呼ばれるブガッティ専用の会員に入会できるとのことですが、世界ではまだ30人しか入会していないとのこと。
具体的な活動内容としては、ブガッティの専用コースで走行するために、専用チューニングを施すことで400km/hの世界を体感できるとのことですが、そういった活動を行うのに必要な年会費が何と3,000万円も発生するとのことです。

その他にも、「シロン」の年間維持費は約600万円、その中でタイヤ4本分の維持費が300万円もかかるとのことで、やはりこの辺りは別次元の話になっていますね。
なお、燃費は全開で走って5分程でガソリンが空になるとのことです。

【【3億円超】ブガッティシロンに乗ってみた‼維持費や燃費は?オーナーさんに質問‼】

☆★☆おつぽんさん関連記事4選はコチラ!☆★☆

人気ユーチューバーのおつぽんさんがレスポンス記事にて登場。ロングインタビューも公開(2017/1/28投稿)
おつぽんさんが、ランボルギーニ「アヴェンタドール」オーナーを取材。車よりもオーナーがかなり気になる件【動画有】(2017/1/11投稿)
次はフェラーリだ。みんカラの「おつぽん」さんがフェラーリ「488GTB」に試乗する【動画有】(2016/11/8投稿)
みんカラの「おつぽん」さんがランボルギーニ「ウラカンLP580-2」に試乗する【動画有】(2016/5/5投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう