カンヌの地下駐車場にて、マクラーレン「P1」駐車。両サイドに幅寄せ駐車されドア開閉不可に?

かなり珍しい「P1」が駐車されているが…?

フランス・カンヌのショッピングセンター地下駐車場にて、イエローカラーのマクラーレン・アルティメットシリーズ「P1」が珍しく駐車。
「P1」は、世界限定375台のみ生産された希少モデルで、「MP4-12C」を受継ぐドアが上に開く”ディヘドラル・ドア”やカーボンコンポジット製モノコックを採用したスーパースポーツモデルとなります。

パワートレインとしては、排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジン+IPAS(アイパス)と呼ばれるハイブリッドシステムを搭載し、システム総出力916ps、最大トルク900Nmを発揮します。

スポンサーリンク

ある意味スーパーカーあるあるかも?

そんなハイパワー且つ貴重なモデル「P1」が、車だらけで密集する駐車場にて停められているわけですが、これを見て気付く方もお察しの通り、「P1」の両サイドにはかなり厳しく幅寄せした車両が駐車されていることが確認できます。

「P1」を含むマクラーレンのドアは上に開くのですが、以下のように横幅のスペース(最低でも70センチぐらい?)広く取らないと開けられないという問題が生じます。

従来横開きのドアでもかなり厳しいこの幅寄せ駐車ですが、両サイドに停めたドライバたちは、「P1」のドア開閉を理解してて敢えて意図的に行ったのか、それとも”とりあえずスペースがあるから停めとけ!”といった感じで停めたのかは不明。
いずれにしても両サイドのどちらかが出ない限りは「P1」の車内に入ることは不可能なレベル。

車幅も1,946mmとかなりワイドなため、一般車両に比べて圧倒的にスペースを取るところは非常に使い勝手が悪いところですが、こうした不便なところもスーパーカーの魅力の一つではないかと思ったりします。

☆★☆「P1」関連記事5選はコチラ!☆★☆

合計2,748馬力。3台のマクラーレン「P1」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/3/31投稿)
ドイツにて、マクラーレン「P1」とVW「ゴルフ」がクラッシュ。「P1」側が無傷、「ゴルフ」側は2名が重傷(2018/3/17投稿)
まだまだ価値はある。シルバーカラーのマクラーレン「P1」を約1.5億円にて購入→3年後に約1.9億円にて売却(2018/3/12投稿)
車幅感覚…カリフォルニアにて、何とも珍しいカラーのマクラーレン「P1」が縁石にヒット【動画有】(2018/2/5投稿)
やっぱ中東凄い。カタールにて、かなり拘りの強いマクラーレン「P1」が目撃に(2017/12/17投稿)

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう