インドにて、納車したばかりのロールスロイス「ファントム」がクラッシュ。因みにインドではアメリカ価格の3倍にて販売

”超高額”な「ファントム」がクラッシュ

インド・ムンバイのシチズンホテルジュドー近くにて、ロールスロイス「ゴースト」がクラッシュした模様。
現地RushLaneからの情報によると、ロールスロイス「ゴースト」が納車してから2~3日しか立っておらず、ナンバープレートもまだ仮の状態(赤色は仮ナンバーを示す)で、ホテルの入口近くにあるブロック塀の間を通過しようとしたところ、バスや人力車と軽く接触し、その後車体が横転しそうになるも何とか体勢を立て直しましたが、操作を誤り縁石ブロックを乗り越えてしまったとのこと。
(上の写真の左側に移っている顔が薄れてしまっている人物がオーナー。顔にボカシを入れたところ、本当に幽霊のようになっていますね)

スポンサーリンク

インドでは日本やアメリカよりも約3倍の価格にて販売

なお、この事故により「ゴースト」のフロントアンダースポイラーが破損し、パーツの取り換えが必須となっていますが、何しろインドでは車両本体価格が高騰であることはもちろんのこと、修理費用も相当に高いのだとか(中国やベトナム、タイ王国も同様)。

インド・ムンバイにあるロールスロイス・ナビニット・モータースにて販売されている「ゴースト」の車両本体価格は、何とアメリカ価格や日本価格の約3倍にも上るとのことで、こうしたラグジュアリーモデルやスーパースポーツカーを購入できるオーナーは相当に限られているとのこと。
ちなみに、インドでの販売価格は約1.1億円と超高額ですが、ランボルギーニやフェラーリ、マクラーレンに比べるとまだ価格上昇率は低い方。

インドでランボルギーニ「チェンテナリオ」を購入するとなったら、日本では約3億円ですが、現地では10億円を超えるといわれていますから、下手すると中古車にて購入した方が圧倒的にお得な場合も発生するのかもしれません。

☆★☆インド・クラッシュorトラブル関連記事5選はコチラ!☆★☆

被害総額6,000万円。ホンダオーナーの32歳男性がベントレーとロールスロイスにクラッシュ、意図的な犯行か(2017/8/23投稿)
ナゼこうなった?インドにて、ラクダとトヨタ「カローラ」が衝突してご覧の状態に【動画有】(2018/8/14投稿)
インドにて、友人から借りたフェラーリ「カリフォルニアT」でクラッシュ。ドライバの男性は死亡、助手席の女性は複数骨折で重傷【動画有】(2018/6/9投稿)
ぶつかったらどうするの?インドにてランボルギーニ「ウラカン」に何度もぶつかりそうになる自転車【動画有】(2017/8/21投稿)
インドにて、ランボルギーニ「ウラカン」とバンがクラッシュ。バンのドライバは死亡【動画有】(2017/7/10投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう