「V8クワトロ」をモチーフにしたアウディ「A4 2.0TDI」が登場。インテリアは徹底的にリフレッシュしカーボン&アルカンターラを採用

「V8クワトロ」をモチーフにした過激モデル

2008年モデルのアウディ「A4(B8世代)セダン」をベースにした、何ともユニークなチューニングプロジェクトモデルが世界初公開されました。
今回公開されている個体は、排気量2.0L 直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載の「A4 2.0TDI」を採用しつつ、デザインとしては「V8クワトロ」のブラックとレッドを用いた過激なボディデザインへとカスタムペイントされていますね。

スポンサーリンク

エンジンは直4→V8に置換え

エンジンは、上記の直4ディーゼルエンジンをそのまま採用しているのかと思いきや、当時の「V8クワトロ」に倣って、排気量4.2L V型8気筒エンジン(FSIユニット)へとスワップされ、Armytrixエキゾーストシステムをインストールすることでダイナミックなエキゾーストサウンドを提供します。
このFSIユニットには、Racelogicデータロギングを採用しており、最高出力380hp/最大トルク460Nmを発揮。パフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が5.5秒にまで到達します。

駆動方式はまさにクワトロ、トランスミッションもオートマに

更には、元々前輪駆動(FWD)であった「A4」の足回りを四厘駆動にセットアップし、トランスミッションはマニュアルからオートマへと改造。
足回りは現行の「TT RS」を流用し、ホイールはセンターロック式のレーシングタイプ、タイヤはミシュラン製パイロットスポーツ4Sタイヤを装着しています。

外観としては、カーボンファイバ製のフロントカナードやリヤスポイラーリップを備えたワイドボディキットを装着し、「RS3 LMS」から派生したDTMスタイルキットに加え、車高と剛性を調整できるカスタムサスペンションもインストールしています。

インテリアは徹底的にリフレッシュされ、カーボンファイバとアルカンターラの豪華なコンビネーションを採用。特に、シートはオリジナルにカスタマイズされていますね。

【CRAZY PROJECT!! AUDI A4 B8 DTM – From a FWD 2.0TDI into a V8 quattro MONSTER – Don’t miss this!】

☆★☆関連記事3選はコチラ!☆★☆

限定僅か40台のみ。アウディが最後のマニュアル(MT)搭載モデル「A4ウルトラスポーツ・エディション」を発売(2018/8/30投稿)
アウディの最新ラインナップからマニュアル完全廃止。アメリカでのマニュアル購入者は僅か5%のみ(2018/8/20投稿)
オーナーは相当なアウディ好き。「A4」のエキゾーストパイプまでアウディだった件(2017/10/9投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう