オートカーがBMW「M2コンペティション」をレビュー。より速く、より鋭く、今までで最高のスモールスポーツカーだ【動画有】

「M3/M4」に採用のエンジンを搭載した「M2コンペティション」はいかに?

カーメディアのオートカー(Autocar)が、BMWの最新エントリースポーツモデル「M2コンペティション」を本格レビュー。
同車は他カーメディアからも非常に評判が高い、「M2」からの置き換えとなるハイパフォーマンスモデルとして登場し、従来モデルからの大きな変化としては、フロントボンネット下に搭載されるエンジンが「M3/M4」にも採用の直列6気筒ツインターボユニットで、シングルターボエンジンはそのまま廃止となりました。

スポンサーリンク

あらためて「M2コンペティション」のスペックを確認してみよう

そのため、パワートレインは排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は404hp/550Nmを発揮。トランスミッションは6速MTもしくは、標準オプションとなる7速デュアルクラッチトランスミッションが搭載されます。

同車は、追加装備として冷却装置や改良されたステアリングコラム、アップグレード版M1ディファレンシャル、新エキゾーストシステム、サスペンション、大口径化したスチールブレーキ、そしてリヤ車軸もまたフロントブレースと組み合わせて、操作性を向上させています。

パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.4秒、トップスピードが250km/hにまで制限されていますが、オプションにて280km/hまでアップすることが可能となっています。
なおこれだけのスペックアップにより、オートカーは「甘くシャープなスポーツカーから一転して、ポルシェ「718ケイマン」をライバルとするような切れのある走りだし、これまでにない走りを提供することができるスモールスポーツカーだ!」と絶賛しています。

【BMW M2 Competition 2019 review | better than a Porsche 718 Cayman? | Autocar】

☆★☆「M2コンペティション」関連記事3選はコチラ!☆★☆

BMWがワールドカップ仕様にカスタムした「M2コンペティション」を公開。ドイツ国旗カラー&カーボン多用なのに激安価格【動画有】(2018/6/23投稿)
BMW「M2コンペティション」にMパフォーマンスパーツが登場。強力な足回り、カーボン多用の過激な一台に(2018/5/7投稿)
BMW「M2コンペティション」が遂に正式発表。「M2」の置換え、「M3/M4」エンジン搭載でパワーアップ(2018/4/19投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう