【レンダリング】ブガッティ「ディーヴォ」をシューティングブレーク風にしてみたら?とりあえずW16エンジンはどうやって搭載する?

ブガッティ「ディーヴォ」にシューティングブレークはアリ?

ブガッティが世界限定40台、車両本体価格 約6.4億円もする究極のハイパーカー「ディーヴォ」を販売しましたが、この個体をミドシップ2ドアスポーツクーペスタイリングから、フロントマウントタイプのシューティングブレークスタイルにしてみたら?というレンダリングが公開されています。

スポンサーリンク

そもそもフロントにW16エンジンって上手くマウントできる?

今回公開されているレンダリングですが、その過激ともいえる無数に配置されたOLEDリヤテールランプをそのまま採用し、リヤエキゾーストシステムは従来通りセンター4本だしを採用しています。

ただ、気になる大排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジン(V型8気筒ツインターボエンジンが2基横置き)はリヤミドシップではなく、フロントマウントレイアウトに変更。
これによりフロントが相当に横に張りだすだけでなく、フロントノーズも異常なまでにロング化するため、その見た目は少々不格好ながらもメルセデスベンツAMG「GTシリーズ」のように上手くまとめられているところは素晴らしいところ。

もちろん、レンダリングなのでスタイリングはどうとにでもなるのですが、前後重量比は50:50になっている可能性は非常に低く、フロントに大きく重心が偏っているかもしれないため、改めてブガッティのシューティングブレークモデルやフロントマウントモデルのレイアウトは難しいと感じるレンダリングだと思いますね。

☆★☆ブガッティ「ディーヴォ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

【レンダリング】あなたはどれが好み?ブガッティ「ディーヴォ」を様々なカラーでデザインしてみた(2018/9/22投稿)
【レンダリング】ブガッティ「ディーヴォ」をワイドボディ化&ローダウンでベッタベタにしてみた(2018/9/17投稿)
史上最も謎で初めて。ブガッティ「ディーヴォ」が壮大にクラッシュしたら?というレンダリングが作成された理由とは?(2018/9/13投稿)
ブガッティ「ディーヴォ」のインテリアは新開発のバケットシートを採用。横方向1.6Gに耐えることがサーキット記録更新のキーポイントに【動画有】(2018/8/26投稿)
ブガッティ「ディーヴォ」をル・マン・ハイパーカークラスのレーシングカーとして登場したら?というレンダリングが公開(2018/8/26投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう