ホンダ「シビック・タイプR」ベースのワンオフレーシングモデルがSEMAショーデビュー。軽トラや芝刈り機等のパーツを流用したユーモア溢れるオリジナルモデルに

謎の「シビック・タイプR」のワンオフモデルが登場

今月末の10月30日より、アメリカ・ロサンゼルスにて開催予定となっていSEMAショー2018にて、ホンダのスポーツハッチバックモデル「シビック・タイプR」をベースにした特別レーシングコンセプトモデルが出展されることがわかりました。

スポンサーリンク

使用するパーツは軽トラから芝刈り機など様々

今回公開されるコンセプトモデルは、たった一台しか存在しないワンオフモデルで、多様な製品ポートフォリオを使用しないホンダが、過去これまで登場してきた様々なモデルのパーツを数多く使用しているとのことで、非常に注目が集められている一台となります。

具体的には、ホンダが製造する軽トラックやパワースポーツモデル、SUV、芝刈り機等、本当に幅広いジャンルの個体に使用されるパーツを流用しているとのこと。
未だこの個体の正式名称は明らかにされていませんが、「シビック・タイプR TCRレースカー」や「Rebelle Rally Honda Pilot」といった名称が妥当なところではありますが、そういった名称は開催日ギリギリまで公開しないのかもしれません。

なお、気になるパワートレインについては、「シビック・タイプR」をベースとした排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力320psを発揮します。
具体的なパフォーマンス性については明らかにされていませんが、可能な限りパーツの軽量化が図られているため、市販モデル「シビック・タイプR」の1,390kgよりは圧倒的に軽く、加速性能も高いことが予想されます。

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

何これカッコいい。ホンダ「シビック・タイプR」をラリー仕様に改造。後付けタイプのランプポッドで見た目もド派手に(2018/9/16投稿)
5サーキット全制覇。ホンダ「シビック・タイプR」が最後のハンガロリングサーキットにてFF最速記録を更新【動画有】(2018/8/7投稿)
フェイスリフト版?廉価版?ホンダ「シビック・タイプR」がニュルブルクリンクにて早速テスト走行【動画有】(2018/7/25投稿)
ホンダ「シビック・タイプR」のVTECエンジンを搭載したアリエル「アトム4」がデビュー。エンジン出力はもちろん320馬力発生(2018/7/12投稿)
グリーン&ブラックにレッドのアクセントが決め手。アメリカの人気シンガーがホンダ「シビック・タイプR」をカスタム(2018/6/24投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう