僅か4台しか存在しないプロトタイプ。1973年式・ポルシェ「911カレラRS 2.7」がオークションにて出品へ、予想落札価格は…?

何とも希少な「911カレラRS 2.7」のプロトタイプモデルが登場

ポルシェ創立70周年を記念して行われるRM Sotheby’sオークションにて、ポルシェが唯一4台のみ製造した1973年式「911カレラRS 2.7(いわゆるナナサンカレラ)」のプロトタイプ(テスト走行用)モデルが出品されることがわかりました。

この個体は、4台中2台目に製造されたもので、シャシーナンバーは9113600012にて登録、製造年月日は未だ不明であるも、1972年4月に生産されたと考えられています。

スポンサーリンク

実は量産モデルと異なる部分が

このプロトタイプと量産モデルの最大の違いは、象徴的なダックテールのリヤスポイラーが無く、更には85Lの燃料タンクやターンシグナルの周りのクロムトリム、および黒塗りのエンジンベイが含まれているということ。

ボディカラーはシグナル・イエローと呼ばれるレトロなカラーを採用しており、1973年モデルの販売パンフレットに掲載された一台となりますね。
実際この個体は、ポルシェのエンジニアやテストドライバ、ジャーナリストによってテスト走行のために使用されていたと伝えられています。

予想落札額は驚異の1億円超え

パワートレインは、排気量2.7L 水平対向6気筒SOHC 12バルブエンジンを搭載し、最高出力210ps/6,300rpm、最大トルク255Nm/5,100rpmを発揮。
駆動方式は後輪駆動(RR)で、車体重量は僅か1,075kgと非常に軽量ですが、このプロトタイプモデルはもう少し重いといわれています。

なお、今回出品される個体の予想落札価格は約1.42億円~約1.71億円と驚異的なプレミア価値を持っています。

☆★☆「911カレラ」関連記事2選はコチラ!☆★☆

1973年式・ポルシェ「911カレラRS 2.7・ライトウェイト」がオークションに登場。予想落札価格は驚異の・・・?(2017/7/18投稿)
僅か16台のみ。右ハンドルでロイヤル・パープルの1973年式ポルシェ「911RS2.7」がトリニダードにて発見される【動画有】(2018/3/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう