ロンドンに世界限定20台のランボルギーニ「チェンテナリオ・ロードスター」が登場。しかも中古車市場にて約5.5億円にて販売中【動画有】

かなり珍しいグレー系の「チェンテナリオ・ロードスター」が登場

イギリス・ロンドンにて、世界限定40台(クーペ20台・ロードスター20台)のみ販売されたランボルギーニ「チェンテナリオ・ロードスター」が登場。
クーペモデルは何度かロンドンやモナコ、アメリカ、そして日本でも目撃されていますが、オープンタイプのロードスターはほとんど目撃されていないため、今回の映像は相当に珍しいと思われます。

今回登場した個体は、何とも珍しいナルド・グレーやグリジオ・テレストにも近いグレー系のボディカラーに、下周りのカーボンファイバ製エアロキットの縁部にはオレンジのアクセントが追加されていますね。

スポンサーリンク

スーパーカーが登場すると自然とギャラリーもわんさか

パワートレインは、ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」がベースになっているため、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力770ps/690Nmを発揮します。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.8秒、最高速度は350km/hを超えるとのことですが、実測値としてどれだけの最高速をたたき出しているのかは不明(とりあえずギャラリーが多いこと何の)。

よ~く見てみると、Aピラーや足元のブレーキキャリパー、そしてインテリアシートのヘッドレストにもにオレンジのアクセントが加わり、全体的な統一感が非常にグッド。
足元のホイールはカーボンファイバを一部採用していますね。

実は中古車として販売中

ちなみにこの個体、ランボルギーニ・ディーラにて販売されている中古車とのことで、その価格は高額ともいえる約5.5億円。
周りに展示されている「アヴェンタドールSV」や「ウラカン」、そして「ウルス」の存在感が何ともフツ~に見えてしまうことを考えると、いかに「チェンテナリオ・ロードスター」の存在感が常軌を逸しているかがよくわかる構図だと思います。

【$5MILLION Lamborghini Centenario Roadster CAUSES CHAOS in London!】

☆★☆「チェンテナリオ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

中古車としても登場したランボルギーニ「チェンテナリオ」がオークションに登場。予想落札額はいくら?(2018/8/1投稿)
限定20台の希少モデル。ブラックのランボルギーニ「チェンテナリオ」が約3.7億円にて販売中(2018/7/1投稿)
日本に2台納車予定で、その内の1台となるランボルギーニ「チェンテナリオ・ロードスター」が遂に福岡ディーラに到着(2018/5/30投稿)
久々登場の奇抜過ぎるランボルギーニ「チェンテナリオ」。これでオール純正なのが驚き(2018/5/27投稿)
台湾にて、史上最高額のランボルギーニ「チェンテナリオ」が目撃される。このボディカラーは一体?(2018/1/10投稿)

Reference:TheSupercar.Blog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう