GパワーがBMW「X5」を過激カスタム。外付けオーバーフェンダー&顔面大工事でゴリゴリマッチョに

原型が若干わからなくなったカスタム「X5」が登場

BMWを専門とするチューナのGパワー(G-Power)が、前世代のSUVモデル「X5」専用”タイフーン・パッケージ”を発表しました。
このタイフーン・パッケージは、ブランドの主力モデルを対象に外観をダイナミックに変更することで、その個体を更に脅迫的にしていくことが目的になっているとのこと。

スポンサーリンク

フロントから色々と変わり過ぎ

具体的には、まずフロントバンパーが大幅に変更され、フロントインテーク部分には大口化されたメッシュグリルを採用し、センターアンダー部にワイドなダクトを追加。更にその上部(キドニーグリルの真下)にもフラット且つ細目のグリルバーを設けることで、ブラックの部分を増やしアグレッシブに変化させています。
加えてフロントボンネットにはカーボンファイバパネルが装備され、さらにその表情を一変させ、全体的に引き締まりの強いゴリゴリマッチョ仕様に。

四隅にはダイナミックな外付けオーバーフェンダーを装着することでワイド感を演出し、社外メーカの大口径ホイールを容易に装着することが可能となります。
更には特注のサイドスカートも装着することで、フロントだけでなくサイドからもローの印象を強くします。

足元のホイールは、社外メーカ・Gパワー製の23インチハリケーンRRシグネチャー超軽量鍛造合金ホイール&315/25 23インチのタイヤを装着します。

後ろから見てもとにかくワイド

リヤデザインはこんな感じ。
スリット付のリヤディフューザー付リヤバンパーに移植することで更にブラックパーツを追加。

更に両サイドには各種2本だしとなるチタン製クワッドエキゾーストパイプをインストールしています。

気になるパワートレインについてですが、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンにかかわらずチューンアップが可能で、レンジトッピングモデルの「X5 M50d」は、最高出力455ps/最大トルク870Nm、「X5 M」は、最高出力750ps/最大トルク980Nmを発揮します。

☆★☆G-Power(Gパワー)関連記事5選はコチラ!☆★☆

Gパワーが何かヤバそうなBMW「M4」にカスタムチューン。最大680馬力発揮で見た目もヤン車風に(2018/10/1投稿)
750馬力発揮のスーパーSUV?!GパワーがBMW「X6M」を過激にカスタム【動画有】(2018/6/10投稿)
GパワーがBMW「M2」をカスタム。+130馬力向上、0-100km/h加速時間は3.9秒(2018/5/9投稿)
GパワーがBMW「M3」をカスタム。約40万円で500馬力チューンやっちゃう?(2018/4/15投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドール」並?GパワーがBMW「M5」専用の過激なチューニングパッケージを開発(2018/2/1投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう