Lumma Designがアウディ「SQ5」専用ボディキットを公開。車幅は「Q7」と全く同じで70mmワイドに

よりワイドになった「SQ5」が登場

ポルシェやジャガー、ランドローバーといった高級SUVを主に手掛けるチューナのLumma Design(ルマー・デザイン)が、アウディのハイパフォーマンスSUVモデル「SQ5」専用ボディキット”CLR 5S”を初公開しました。
今回公開されているボディキットは、オーバーフェンダー装着によってより幅広にするだけでなく、フロントバンパーもアグレッシブに変化され、より冷却性を高めたパフォーマンスキットにもなっています(ちなみにボディカラーは定番のナルドグレーではなく、クオンタムグレーとブラックのツートン)。

スポンサーリンク

オバフェン装着で車幅は「Q7」と全く同じ寸法に

フロントからチェックしていくと、フロントのシングルフレームグリルは非常にアグレッシブでブラックの部分を過度に増やし、加えてエアインテークも大口化され、全体的に引き締まりを強くした顔つきに変化しています。
正面から見ても、はっきりと外付けのオーバーフェンダーが装着されていることが確認できるのも中々に驚きです。
ちなみに、このオーバーフェンダーを装着することで、従来「SQ5」の車幅1,900mmから、「Q7」と全く同じ1,970mmへと延長されています。

サイドから見てみるとこんな感じ。
よ~く見てみると、サイドスカートとオーバーフェンダーって一体型になっていたんですね。
これは全く気づきませんでした。

リヤデザインはこんな感じ。
さり気なくリヤバンパーと一体型となるリヤディフューザーを装着し、更にはブラックペイント処理された四角タイプのクワッドエキゾーストチップもインストールしています。
加えてトランク部にはスポイラーも装着され、より一層スポーティさが向上していますね。

足元もかなり力を入れているLumma Design。
22インチの大口径タイプとなるLumma CLR LN 1ホイールセットを装着し、レッドのストライプ、センターロックデザインも加えています。
エンジンについては、EA839ターボを採用したV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力354hp→400hp/最大トルク500Nm→600Nmと向上させています。

☆★☆Lummaデザイン関連記事5選はコチラ!☆★☆

Lummaデザインがアウディ「SQ5」をスポーティにカスタム。リム成形を活かした高品質ワイドボディキットを再現(2018/7/26投稿)
LummaデザインがメルセデスベンツAMG「G63」をハードチューン。+150馬力以上アップでダイナミックボディに(2018/2/28投稿)
斬新な4本出しマフラが印象的!LummaデザインがBMW「X6」を色濃くカスタム(201/1/28投稿)
Lumma Designが早くも「レンジローバー・ヴェラール」をカスタム。100mmワイドでスポーティに(2018/1/20投稿)
威圧感アップ。LUMMAデザインがジャガー「Fペース」のフルボディキットを公開に(2017/5/22投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう