【レンダリング】究極の「アンパンマン号”ターボ”」が遂に登場。カーボン仕上げ&オーバーフェンダー&リヤウィング装着の王道スタイル

更にパワーアップした「アンパンマン号」が登場

以前、完全オリジナルのリアル「アンパンマン号」が大きな話題を呼んでいましたが、今回は何とそのリアル「アンパンマン号」をベースにしたフルエアロ&チューニング仕様の「アンパンマン号”ターボ”」のレンダリングが公開されています。

オリジナルモデルでありながら、しかもドアが上に開くガルウィング仕様のユーモア溢れるデザインで十分すぎる反響を呼んでいた「アンパンマン号」ですが、更に過激にカスタムしてくるところは”流石”の一言ですね。

スポンサーリンク

既に足元からレベルが違う…

ザッと一通り見ていくと、足元のブラックのパーツはフルカーボン仕様で、ロケットバニー(通称:ロケバニ)のフルエアロを装着していますね。
まさか「アンパンマン号」に外付けリベット留めのオーバーフェンダーを装着する日が来るとは…誰も想像していなかったと思います。
しかも、このオーバーフェンダーを装着したことで全体的にバランスが良くなり、キャンバー角を付けたアルミ&タイヤも見事にツライチになっています。

おまけにフロントエプロンやバンパーも全てカーボンパーツを装着しており、そのイカついデザインはランボルギーニ「アヴェンタドールSV」風のアグレッシブなデザインを取り入れているようにも見えますね。

リヤも抜かりなき過激デザイン

リヤデザインはこんな感じ。
何とカーボンファイバ製の大型リヤウィングまで装着されているではありませんか!
てっきり煙突のような突起の部分にて空力特性を向上させているのかと思いきや、それよりも更に実用的なリヤウィングを装着するところに抜かりはありません。
一体どれだけのダウンフォースを発生することが可能なのでしょうか?
「マクラーレン・セナGTR」のように1,000kg程のダウンフォースを発生したら十分すぎますね。

そしてリヤエキゾーストパイプは驚異のクワッドタイプ。
直径は細目ではありますが、竹やりチックにカスタムするところもヤンチャっぽく仕上げていますね。
ちなみにこの個体、TRUSTタービンも組んでいるとのことで、走行性能だけでなくエンジンも相当に気合いが入っている様子。
「アンパンマン号”ターボ”」と言うぐらいですから、私たちが想像するよりも更に上を行くパワーを持っていることに間違いは無さそうです。

☆★☆アンパンマン号関連記事3選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう