デザインが複雑すぎる。HREが世界初となる3Dプリンタを使ったチタンホイールをマクラーレン「P1」に装着

世界初・3Dプリンタ技術を採用したチタンホイールが登場

近年、チタンを使用した3Dプリンタ技術によって航空宇宙(人工衛星)や医学(人工骨格部品)等の分野にて使用されていましたが、今度は世界初となるチタン製3Dプリンタカスタムホイールが登場。
この3Dプリンタを使用したチタン製ホイールは、GE AdditiveとHRE Wheelsの共同開発によって作られ、ゆくゆくは量産モデルとして投入される予定ではあるものの、具体的にいつ頃から投入されるかは不明となっています。

スポンサーリンク

3Dプリンタと言えどもその工程は複雑

今回、世界初の3Dプリンタ技術によるチタン製ホイールは、マクラーレンのアルティメットシリーズ「P1」に装着され、その複雑すぎるデザインとの相性はかなり良いように思えますね。

なお、今回装着されるホイールは、近未来的なデザインに加えて6ピース構造となっているものの、将来的にはモノブロックセットアップにて製造する予定となっています。
複雑なデザインを容易に仕上げるだけでなく、軽量化も可能となりますが、このホイールの製造方式はエレクトリックビーム溶接と呼ばれ、これまでの削り加工とは異なり、チタン粉末を溶融することから始まっていきます。

3Dプリンタによって作られたチタンホイールは、最終的に組立て方式にて仕上げられていますが、その前に1ピースごとにブラスト加工を施すことで表面の微細な汚れと凹凸を削り落とし、より滑らかに仕上げていきます。

こうして表面粗度の品質を高めていったパーツたちは、最終的にチタン製の留め金具によって組み付けられ、最後はタイヤを装着しセンターロックナットによってホイールを装着したら完成となります。

今のところこのホイールの市販化の時期や価格帯については一切不明なままとなっていますが、モノブロックセットアップが可能となれば、工数と製造コストは一挙に下がることが可能となりますし、高いデザイン性でありながらも低価格にて購入することが可能になるかもしれません。
こういった複雑すぎるデザインのホイールは、マクラーレン「P1」はもちろんのこと、個人的にはランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」や「UNICO」、更なる次世代ハイブリッドモデルに装着してデモカーとして登場してほしいところです。

☆★☆HREホイール関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう