ケーニグセグが遂に「レゲーラ」にて最高速チャレンジを計画中。「アゲーラRS」の記録も破壊する

遂にPHVモデルの「レゲーラ」が動き出す

ケーニグセグといえば、約1年前にハードコアモデル「アゲーラRS」にて生産車最高速度記録447km/hと、ブガッティ「シロン」の持つ0-400-0km/h記録41.96秒を5.5秒近くも速い36.44秒にてクリアするなど、とんでもない記録を打ち破ってきた究極モデルとなります。
ですが、ケーニグセグはどうやら「アゲーラRS」の名誉ある記録を本気で破壊するため、唯一のプラグインハイブリッドモデルとなる「レゲーラ」にてその記録に挑戦する計画を進めていることがわかりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

TheSupercarBlog.comの情報によると、「レゲーラ」の0-400km/hの加速時間は21秒(「シロン」は32.6秒、「アゲーラRS」は26.88秒)にて到達することが可能とのことで、これだけでも十分速過ぎるスペックを持つことはわかっているのですが、更にこの個体のソフトウェアをアップデートすることで1秒短縮することができるとのこと。
もしかすると、0-400-0km/hの加減速時間は前代未聞ともいえる30秒未満を優にクリアしてしまうかもしれませんね。

一方で、ケーニグセグの記録を打ち負かそうとしているのがヘネシー「ヴェノムF5」。
この個体は、0-400-0km/h並びに最高時速の記録を更新するために作られた専用モデルで、ヘネシーパフォーマンスが公開する最高時速483km/hという物理的に不可能(タイヤの問題で…)と言われている記録を本当に公道上で更新されるのかが見ものとなっています。

☆★☆ケーニグセグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう