愛知県にて、金ピカラッピングのトヨタ「プリウスα」が登場。一方で海外ではピンクゴールドのポルシェ「パナメーラ」も

ボディだけをゴールドラッピングした謎の「プリウスα」が登場

愛知県にて、何とも珍しいフルゴールドラッピング仕様のトヨタ「プリウスα」が登場。
特にこれといった派手な改造やカスタム等はしていませんが、ボディだけを金ピカにラッピングしてくる辺り相当な勇者と言いますか…中々こういった例は見られないので非常に珍しいと思います。

スポンサーリンク

見れば見る程に不思議な気持ちになる「プリウスα」

サイドから見てみるとこんな感じ。
足元のホイールは純正のシングル10スポークホイールを装着している一方で、サイドミラーカバーまでゴールドラッピングに仕上げている辺り、ちょっと変態気質な部分も垣間見えたり。
あっ、もちろん「変態」は褒め言葉ですよ!

リヤクォーター周りも非常にシンプルなノーマル仕様。
なのに、給油蓋まで徹底してゴールドラッピングを施行。色んな意味で抜かりがありません。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤエンブレムや「PRIUSα」のバッジ類は、特にこれといって弄っていませんし、やはり全体的にラッピングを施しただけで、それ以外は本当に何も手を付けていません。
もちろん、こうしたデザインは人それぞれなのでこれ以上のことは何もないのですが、オーナーさんは相当にゴールドが好みなのか、それとも別の目的でこうしたラッピングを施しているのか…一体どのような意図で施行したのかが非常に気になるところです。

同じゴールドラッピングでもここまで違う!

一方でこちらはローズゴールドのクロームラッピングを施したポルシェ「パナメーラ・ターボS E-ハイブリッド」。
先ほどのトヨタ「プリウスα」と異なって、光沢具合は全く異なるものの、基本的にはフルラッピングしていることに変わりは無く、しかしここまで印象が変化し、「ゴールドラッピングでもかなりイケてる!」と思えるのがポルシェの素晴らしいところ。

リヤから見るスタイリングも非常に美しく、ローズゴールド特有の角度によって上品さも加わるこのラッピングの品質は相当に高いものと思われます。
一体これだけでいくらになるのかはわかりませんが、「パナメーラ」のスタイリングとポルシェブランドを上手く活用した最高のカラーラッピングだと思います。

☆★☆ゴールドラッピング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう