ブガッティ「シロン・スポーツ」納車第一号が遂に世界初公開。オプション総額は1億円以上、オーナーはあのカタール王族

遂に「シロン・スポーツ」第一号が世界初公開、気になるオーナーは?

世界限定500台のみ販売されたブガッティ「シロン」ベースのハイパフォーマンスモデル「シロン・スポーツ(Chiron Sport)」納車第一号が遂に世界初公開されました。
前回、一部カモフラージュが施された「シロン・スポーツ」が、納車前の最終テスト走行を実施していましたが、今回公開された個体と全く同じカラーであることから、同一車種であることがわかりますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回公開されたモデルですが、オーナーはカタール王族の一人であるAbdulla Bin Fahad氏で、ボディカラーはフロントにブルー、リヤにカーボンファイバブラックの豪華なツートン仕上げとなっています。
そして、やはりカタール王族ともいうべきポイントとして、パーソナライズオプションを膨大に装備しているとのことで、そのオプション総額は1億円を優に超えていると言われています(車両本体価格が約3.4億円なのでオプション等も加味して4.5億円ぐらい?)。

スポンサーリンク

とにかくインテリアのインパクトが凄すぎる…

パッとみた感じ、リヤは全てカーボンブラックに見えるかもしれませんが、リヤディフューザーやエンジンカバー、リヤのブガッティロゴとライトサラウンドにはブルーのタッチが施され、更にはブレーキキャリパもブルーにて仕上げられています。
ちなみにリヤマフラはセンター4本だしの完全剥き出し状態となっています。

インテリアはこんな感じ。
何かもう…眩しすぎてまるで海の中にいるような感じの色合いですね。
ただ、シートはもちろんのことセンターコンソールやダッシュボード、フラットボトムのステアリングホイール、シフトノブ等、あらゆるところのほとんどがブルーにて仕上げられています。

パワートレインは、従来と変わらずの排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nmを発揮します。

そもそも「シロン・スポーツ」と「シロン」は何が違うの?

ちなみに「シロン・スポーツ」は、従来の「シロン」に比べて、スペックは何も変わらなない分、車体重量が約18kgも軽くなっており、複数のパーツ(スタビライザーやインタークーラー・カバー、新開発ウィンドスクリーン・ワイパー等)にカーボンファイバが採用され、更には足元のホイールを軽量タイプに履き替え、リヤウィンドウも軽量ガラスに変更されています。

特にウィンドウスクリーン・ワイパーをカーボンファイバ製にしたのは業界初で、通常のワイパーにて必要であったジョイント部分を不要とし、従来のワイパーよりも1.4kg(何と77%!)の軽量化に成功しています。そして、アルミニウム製ワイパーチップを3Dプリンタにて製作することで更なる軽量化に貢献しています。

足回りも変更され、専用サスペンションを装着することで従来よりも10%程カタく設定されています。
ステアリングは、より直接的なレスポンス性をもたらすように調整され、その他にはダイナミックトルクベクタリング機能を搭載することで、リヤディファレンシャルを最適化しています。

☆★☆「シロン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう