メルセデスベンツ「AMG One」にルイス・ハミルトン・スペシャルエディションが登場へ。もちろんオーナーはルイス・ハミルトン本人

「AMG One」のルイス・ハミルトン専用モデルが開発中

メルセデスベンツAMGが世界限定275台のみ販売し、日本ではZOZOTOWN CEOである前澤友作 氏もオーダーしている「AMG One」ですが、同じくこの個体をオーダーしているF1チャンピオンのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)氏のためだけのワンオフモデル「AMG One ルイス・ハミルトン・スペシャルエディション(AMG ONE Lewis Hmilton Special Edition)」が製造されることがわかりました。

スポンサーリンク

予想もつかないが、とりあえず従来の「AMG One」よりも更に派手になることは間違いない

「AMG One」は、F1技術とノウハウを蓄積した排気量1.6L V型6気筒ツインターボエンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドモデルで、最高出力1,000hp/11,000rpmを発揮します。
見た目はもちろんド派手ですが、それ以上に空力特性を大きく向上したエアロダイナミクスやカーボンパーツ等が惜しげもなく採用されており、競合モデルとされるアストンマーティン「ヴァルキリー」やマクラーレン「スピードテール」に一切引けを取らない究極のスーパースポーツモデルとなります。

なお、今回のワンオフモデルは、ルイス・ハミルトン氏本人からの依頼により特別に作られるとのことで、恐らくレーシング仕様に近いに過激なボディキットへと変更され、更なる空力特性の向上と軽量化が図られると予想されています。

ボディカラーやアクセントカラー、インテリア等もルイス・ハミルトン仕様に細かくカスタムされると思いますが、その分価格帯もとんでもないものになりそうですね。
ちなみに標準モデルで約3億円と言われている「AMG One」ですが、今回のワンオフモデルともなれば、4億円以上にまで跳ね上がることは間違いなさそうです。

☆★☆AMG「One」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう