最近どうした?マセラティ「クアトロポルテ」「ギブリ」がリコール。タイヤがひび割れの恐れ

20161219_1_%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab

自動車ニュース”Response”の記事より、マセラティ「クアトロポルテ」と「ギブリ」がリコール。

リコールの内容としては、純正装着されるピレリ製のオールシーズンタイヤ「Pゼロ」に、サイドウォールがひび割れるおそれがあり、空気圧が低下し事故につながる恐れがあるというもの。

スポンサーリンク

対象となるのは、2017年モデルで2016年2月末から10月末にかけて生産された個体がリコールの該当になります。

対策措置としては、各販売店において点検を行い、タイヤを交換するリコール作業を実施するとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう