早速出てきた。ランボルギーニ「アヴェンタドールS・ロードスター」の予想レンダリング画像が公開に

20161220_1_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%abs

昨日、ランボルギーニ「アヴェンタドール」のフェイスモデルとなる「アヴェンタドールS・クーペ」が世界初公開されましたが、早速オープン版となる「アヴェンタドールS・ロードスター」の予想レンダリング画像が公開されています。

関連記事:4WSでありながら約20%の軽量化に成功。ランボルギーニ「アヴェンタドールS」が公開に

スポンサーリンク

今回、予想レンダリングを作成したのはデジタルアーティストで有名なX-Tomi。
もちろんこのレンダリング画像は非公式のもので1枚だけとなりますが、概ねこの画像の通りの個体が公開されると考えられますね。

「アヴェンタドールS・ロードスター」は、以前の「アヴェンタドール(SV)・ロードスター」と同様に、手動脱着式のハードトップルーフであることは変わらないとは思いますが、やはりフェラーリ「458スパイダー」や「488スパイダー」のような自動開閉式ルーフが採用されれば実用性は向上し、より充実度は高くなるような気がしますが、それでも自我を突き進むランボルギーニの方針には感心するものがありますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう