【価格は約78万円から】遂に軽自動車規格が海外へ進出!スズキ・新型「アルト」がパキスタンにて販売スタート

~遂に日本の軽自動車規格が海外へと進出へ!~

日本の軽自動車規格が、遂に日本のみならず海外へと進出していたことが判明。
今回、スズキの大人気軽自動車モデル「アルト(Alto)」が、パキスタンの四輪車・二輪車の生産販売子会社であるパック・スズキモーターから販売していたことが明らかになりました。

スポンサーリンク

~海外にて販売されていた「アルト」は排気量0.8L~1.0Lクラスだけだった~

これまで、パック・スズキモータースが販売してきた「アルト」は、日本の軽自動車規格である排気量660ccではなく、海外仕様に合わせた0.8L~1.0Lエンジンを中心に販売してきました(最近では、インド市場のマルチ・スズキが排気量1.2Lモデルを販売)。

しかし今回、遂に日本のみにて採用されてきた軽自動車規格が初めて海外にて進出し、日本独自にて製造されてきた信頼性と経済性、そして高性能を積極的にアピールしていく考えを示しているそうで、スズキの”軽自動車モデル”がより一層強みを増していくことが期待されています。

販売されるモデルについては、今のところノンターボとなる排気量660c R06A型の直列3気筒エンジンのみを販売していくとのことですが、更なる需要見込みがあるのであれば、軽ターボ(アルト・ターボ)のラインナップを検討しているとのこと。

もちろん、この働きはパキスタンのみならず、インド市場や欧州市場にも展開される可能性があり、日本の規格が更にグローバル化していくかもしれませんし、スズキにとどまらずダイハツや三菱、日産からも軽自動車モデルが海外へと進出する可能性も秘めています(この一石は間違いなく軽自動車部門の競争を激化させることに違いない)。

今回販売された新型「アルト」は、日本にて磨いてきた高性能と技術をそのまま継承し、約77.9万円~約101万円にてラインナップ。
割引や値引等があるかは不明ですが、少なくとも日本の高品質なモデルがリーズナブルな値段で提供されることや、維持費の面で考えたら、間違いなく売れる一台だと思いますね。

☆★☆スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう