中国にて目撃された本気仕様となるスズキ「ジムニー」のメルセデスベンツ「AMG G63」風キット。何とドバイチューナーが開発した専用キットであることが判明!

~やはりドバイはやることが違い過ぎる…~

以前、中国にてスズキ・新型「ジムニー」をメルセデスベンツ「AMG G63」風に改造した専用ボディキットをご紹介しましたが、どうやらこの専用キットを開発したのは中国ではなく、ドバイのチューナーであることが判明。

今回ドバイのチューナーが開発したのは、先述にもある通りメルセデスベンツ「Gクラス」からインスピレーションを受けたものであり、新型「ジムニー」に装着されているほとんどのボディパネルからフロントヘッドライト、そしてアルミホイールまでを全て専用パーツに置き換えた本気仕様となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~ここまで忠実に「Gクラス」を再現したチューナーは存在しないだろう~

もちろん、こうした「ベイビーGクラス」と呼ばれる専用ボディキットは、海外チューナーのみならず、日本の過激チューナーであるリバティーウォークやWald International、ダムド(DAMD)も販売していますが、全く同じ円形のフロントヘッドライトやGクラス風のパナメリカーナフロントグリル、フロント・リヤバンパー、フロントホイールアーチ、シグネチャーターンシグナル、サイドエグジットのエキゾーストパイプ(しかも両サイド2本だしのクワッドエキゾースト)、ブラックアウトされたドアハンドル、スペアホイールカバー等、ここまで忠実に「Gクラス」を再現してきたチューナーは存在しないのではないか?と思う程。

今回は詳細な説明はされていませんが、チューナー曰くエンジンチューニングを施すことも可能だそうで、より過激で様々な悪路を走破できるだけの十分なスペックを持つこともできる万能モデルへと進化できるとのこと。

正直、外観だけに留まらずエンジン関係も「Gクラス」に近づけてくるチューナーは今のところ無い為、このドバイチューナーが今後どういったチューニングキットやボディキットを発表してくるのか、非常に気になるところではあります。

☆★☆「ジムニー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう