ホンダ・新型「フィット4(FIT4)」ベースの新開発i-MMDハイブリッドシステムは、次期「フリード/シャトル」にも搭載へ。ホンダのコンパクトモデルは全てこのシステムを採用?

2019-07-18

~新型「フィット4」最新情報は想像以上の反響を呼んでいる~

さて、以前より定期的に公開を続けているホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT4)」。
新型「タント/タント・カスタム」に引き続いて多くの方から閲覧頂いているコンテンツの一つで、たくさんの情報提供や目撃情報等もあって中々処理するのに時間がかかっている状態です。

当ブログサイトでは、こうした情報を可能な限り皆様に提供していきたいと思っていて、新型「フィット4」を検討している方々にとって少しでも有益な情報であることと、食指を動かすような内容をお届けしていきたいと思っております。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~今回は新型「フィット4」の派生モデルに関する最新情報をお届け~

今回は、今まで公開してきた新型「フィット4」に関する情報の派生版のような感じになるのですが、どうやら同車に搭載されるi-MMDハイブリッドシステムが、「フィット」ベースのステーションワゴンモデル「シャトル」やコンパクトミニバン「フリード」の次期モデルに採用されることがホンダセールスさんとのちょっとした”こぼれ話”で判明しました。

新型「フィット4」に採用されるハイブリッドシステムですが、現行「アコード/ステップワゴン/オデッセイ/CR-V/インサイト」に搭載される排気量1.5L 直列4気筒エンジンとの組み合わせではなく、コンパクトカーにマッチした新開発のi-MMDシステムとして採用され、このシステムがゆくゆくはホンダの他のモデルラインナップに拡大していく予定となっているようです。

特に次期「シャトル」については、新型「フィット4」と同じ低床プラットフォームを流用することで、低重心且つ走行性能と剛性を高めつつも、パワートレインもほぼほぼ流用するようなキープコンセプトとなる可能性が非常に高いと言われていて、2021年にモデルチェンジ予定となっている新型「フリード」についても、全く同じキープコンセプトになるようです。

もちろん安全装備についても、次期「N-BOX」や新型「N-WGN」に搭載されるHonda SENSINGを”必要最低限”として、以下にも記載の安全装備一覧に更に加えて、アダプティブハイビームシステム等も搭載されるとの噂もあるため、この辺りの質の向上も大きく期待できるかもしれません。

【Honda SENSING”必要最低限”の安全装備内容】

衝突軽減ブレーキ(CMBS):前走車、対向車、歩行者と衝突回避を支援
誤発進抑制機能:不注意による急発進を防止し注意を喚起
歩行者事故低減ステアリング:歩行者との衝突回避を支援
路外逸脱抑制機能:車線を検知し、はみ出さないように支援
アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC):適切な車間を保ち、運転負荷を軽減
車線維持システム(LKAS):車線内を走行できるようにステアリング操作を支援
先行車発進お知らせ機能:停車時に、先行車が発進したことをお知らせ
標識認識機能:標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援
後方誤発進抑制機能:不注意による急な後退を防止し注意を喚起
オートハイビーム:対向車や前走車を検知し、ハイ/ロービームを自動で切替え
アダプティブクルーズコントロール(ACC)+渋滞時追従機能(完全停止対応)
衝突軽減ブレーキ(CMBS)+横断自転車検知機能
衝突軽減ブレーキ(CMBS)+無街灯歩行者認識

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう