【衝撃!】2020年モデルのシボレー・新型「コルベットC8」は2020年分までほぼ完売したことが明らかに。つまり納期は現時点で1年以上が確定

~何となく予想はしていたけど、まさか2020年の生産台数分がほぼ完売しているとは…~

2019年7月18日に世界初公開されたばかりとなるフルモデルチェンジ版・シボレー初のミドシップスーパースポーツ「コルベットC8(Chevrolet Corvette C8)」ですが、何とこのモデルが2020年の生産分までほぼ完売していたことが明らかとなりました。

このモデルについて、GMデザインチーフであるMichael Simcoe氏によれば、「注文・納期は既に1年以上かかるほどで、今後更に納期が延びることだろう。ちなみに、2020年分はほぼ売り切れなので、8月中には2021年分までまたぐことは間違いない」ということで、年間生産台数は不明ながらも、もはやスーパーカー並の納期を抱える大人気モデルへと急成長を果たしたことに大きな自信を示しているようです。

スポンサーリンク

~「コルベットC8」が売れる理由とは?~

シボレーからの情報によれば、新型「コルベットC8」は2020年以降生産台数が増加する可能性は低く、もしかすると2020年分がピークの生産台数になる?との噂もあるそうで、生産体制に関してはかなり保守的であることが分かりますね。

ちなみに、新型「コルベットC8」がこれだけの大人気モデルへと成長した理由としては、先述にもある通りシボレー初のミドシップスーパースポーツであるということと、初の8速デュアルクラッチトランスミッションを搭載、それでいて排気量6.2L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載したハイパワーなモデルでありながらも、ダメ押しなのが価格帯としては約600万円からにて購入できるというコスパも最強レベルであるからこそ注文が殺到しているのだと思われますね。

今後は、オープンモデルとなるコンバーチブルモデルやプラグインハイブリッドモデル、そしてハイパフォーマンスモデルがラインナップされる予定なので、まだまだ「コルベットC8」の攻勢が緩められることは無いと思われます。

☆★☆シボレー「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう