【不公平だけど豪華すぎる共演】スズキ・新型「ジムニー」とベントレー「ベンテイガ・スピード」、ポルシェ「カイエン・ターボ」、メルセデスベンツ「AMG G63」が本気のドラッグレースバトル!【動画有】

~まさかこの組合わせでのドラッグレースが見れるとは…~

今まで数多くのドラッグレース記事をご紹介してきましたが、今回は今までになく不公平ながらも豪華なSUVモデル4台でのドラッグレースバトルが実現。

その4台というのが、ハイパフォーマンスモデルとなるベントレー「ベンテイガ・スピード(Bentley Bentayga Speed)」とメルセデスベンツ「AMG G63(Mercedes Benz AMG G63)」、ポルシェ「カイエン・ターボ(Porsche Caycnne Turbo)」、そして満を持しての挑戦となるスズキ・新型「ジムニー・シエラ(Suzuki Jimny Sierra)」というラインナップとなっています。

スポンサーリンク

~早速各モデルのスペックを見ていこう~

なぜこういった経緯でのドラッグレースが実現されたかはさておき、とりあえず各モデルのスペックを見ていきましょう。

【ベントレー「ベンテイガ・スピード」】
エンジン:排気量6.0L W型12気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:635ps/900Nm

【ポルシェ「カイエン・ターボ」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:550ps/770Nm

【メルセデスベンツ「AMG G63」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:585ps/850Nm

【スズキ「ジムニー・シエラ」】
エンジン:排気量1.5L 直列4気筒エンジン
最高出力/最大トルク:102ps/130Nm

~さすがに1台だけスペックに差が有り過ぎるのでハンディを与えよう~

3台の欧州モデルに関しては、V8エンジン以上で500ps以上なので、さすがに「ジムニー・シエラ」にとっては不公平すぎる勝負。
なので、数秒間だけフライングスタートさせてから残り3台がスタートするというハンディキャップ方式でのゼロヨンドラッグレースとなります。

しばらくして欧州勢が一気にスタートしていきます。
「AMG G63」が重量の関係で少し出遅れたか?

あれ?気が付いたら欧州勢が「ジムニー・シエラ」を突き放してゴールに突き進みます。
「ジムニー・シエラ」の置いてけぼり感がツライ…

~気になる結果は…?~

1位で到着したのはやはり加速系を重視したベントレー「ベンテイガ・スピード」。
タイムは11.5秒と驚異的な加速力を見せてくれました。おそらくハンディキャップが無かったら10秒は切っていたでしょうね。

2位は安定のポルシェ「カイエン・ターボ」。
タイムは11.7秒と「ベンテイガ・スピード」に0.2秒差ながらも結構離されていました。

3位はやはり重量面で大きなハンディを与えてしまったメルセデスベンツ「AMG G63」。
それでも12.3秒と好成績です。

そして最後はスズキ・新型「ジムニー・シエラ」。
パワーやタイヤ、エンジン等、様々な面でかなり劣ってはいますが、それでも20秒を切っての18.4秒でのゴール。十分な成績ですね。

結果はわかってはいるんですけど…なぜかこの組合わせを見るとどうしても見てしまうゼロヨン・ドラッグレースバトル。
一度見るとクセになるかもしれません。

【Bentayga Speed v AMG G63 v Cayenne Turbo v …Jimny?! – SUV DRAG RACE, ROLLING RACE & BRAKE TEST】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう